トヨタのリーンするパーソナルモビリティがジュネーブモーターショーでデビュー【動画】

2013年3月5日に開幕したジュネーブモーターショーにてトヨタがタンデム2名乗車のパーソナルモビリティ「i-ROAD」を出展しています。自動車メーカーのトヨタが生み出した、前2輪、後1輪というオートバイ 感覚の乗り物です。

 コンセプトは、「コンパクトで爽快なモビリティ」。新開発されたアクティブリーン機構によるオートバイともクルマとも異なる新しい乗り味が生み出す新感覚の楽しさがフレッシュな爽快感につながるということです。

また、コンパクトなボディサイズは、駐車スペースや道路渋滞といった交通問題をクリアするための提案ということ。すでに日本でも次世代の二人乗りコンパクトモビリティの規格作りが始まっていますが、そうしたトレンドにも合致する小型2人乗り電気自動車(EV)となっています。

そして、コンセプトカーに終わることなく、こうした新カテゴリーの電気自動車の開発・実用化に向けた研究に取り組んでいくということです。

ジュネーブモーターショー直前に公開されたイメージムービーからは、そうしたトヨタのヤル気が伝わってくるのではないでしょうか。

[トヨタ i-ROAD 主要諸元]
全長:2350mm
全幅:850mm
全高:1445mm
ホイールベース:1700mm
空車重量:300kg
乗車定員:2名
タイヤサイズ:前 80/80R16/後 130/70R10 
最小回転半径:3.0m
パワートレイン:電気モーター(2kW)×2
最高速度:45km/h
バッテリー:リチウムイオン電池
一充電航続距離(30km/h定速走行):50km 

(山本晋也)