FT-86オープンは電動ソフトトップの4座コンバーチブル【ジュネーブモーターショー】

2013年3月5日に開幕するジュネーブモーターショーにトヨタがコンセプトカー「FT-86 Open concept」を出展することは、以前からアナウンスされていましたが、ついにフォトデビューを果たしました。

 

「FT-86 Open concept」という名前からも、スタディモデルということはわかりますが、この86をベースに製作されたコンバーチブルモデルは市販化前提であることを感じさせます。

もともとのクーペスタイルを活かして、電動開閉式ソフトトップを装備。ベースとなったトヨタ86の特徴といえるドライビングの楽しさやクルマとの一体感はそのままに、コンバーチブルモデルらしい「自然との一体感」を目指しています。

コンバーチブルモデルとしてのエレガント性については、ミラノ在住のデザイナーがカラーコーディネートを担当。高級感とスポーティさを両立するカラーが選ばれたということです。

具体的には、コントラストが際立つ明るいホワイトとネイビーブルーを配して、デザインの一体感を強調。フロアマットやシートのステッチにアクセントとしてイエローゴールドを用いることでスポーティさを表現しています。このヴィヴィッドな色は、オープン状態で印象が一変するという演出も考慮しているそうです。

(山本晋也)