日本発の自動車競技D1GP2014の開幕戦3月29日(土)・30日(日)は富士スピードウェイで!

新時代のドリフトを目撃せよ!

日本が発祥であるドリフトの腕を競う自動車競技D1GPは今年が14年目。まだ歴史が浅い競技だけに、年々さまざまな変更点はあるが、今季はマシンと競技方法が大きく変わる。D1がまた新しい時代を迎えそうだ。そして、その2014年シーズンの開幕戦が富士スピードウェイで、3月29日(土)・30日(日)に行われる。

D1_Fuji_01

 富士スピードウェイでD1グランプリシリーズが開催されるのは3年ぶり。今回は2011年に開催されたときとはちがい、競技区間も一新され、2コーナーからスタートしてコカコーラコーナーに飛び込み、振り返したあと100Rを全開で立ち上がってフィニッシュとなる。

 D1_Fuji_02

 注目のマシンとしては、ひさしぶりにD1復帰したトラストが製作し、昨年のシリーズチャンピオンの川畑真人が乗るニッサンGT-Rがあげられる。VR38DETTエンジンを4.0Lまで排気量アップし、切れ角も大幅にアップ。現行GT-R初のD1参戦マシンとして、どのようなパフォーマンスが見られるのかいまから楽しみだ。

D1_Fuji_03

 さらにこれまで4度のシリーズチャンピオン経験を持つ今村陽一が加入した新規チームOTG Motor Sportsにも注目したい。参戦マシンである86には、NASCARで使用されているV8エンジンが搭載され、ボディはドライカーボンをふんだんに使って軽量化。D1では5台目となる86なだけに、ハンパないパフォーマンスを狙ってくるはずで、今村も「ぜひ勝ちを狙いたい」とやる気マンマンだ。

 D1_Fuji_04

このほかにも、車両レギュレーションの変更により、大排気量ターボエンジンに載せ換えるクルマが続出。その完成度は未知数なので、勝敗はまったく予想がつかない。近年でもっとも展開が読めない開幕戦になる。また、今季は単走競技は1日目に完結させ、追走競技は2日目にめいっぱい行う(ラウンドによって異なる場アリ)。これが結果にどう影響するかも注目だ。

 ほかにも、D1では10年ぶりとなる女性ドライバーの参戦や外国人若手ドライバーの参戦などもあるうえ、ニューマシンも続々とスタンバイしているため、開幕戦の注目ポイントは例年以上だ。そして、D1はなんといっても、テレビやビデオで観るよりナマ観戦がだんぜんおもしろい。また競技だけじゃなく、ブース出展やご当地グルメの屋台などもあり、家族で1日めいっぱい楽しめる。3月最後の週末は、富士スピードウェイへGO!

■D1グランプリの情報、D1公式サイト(http://www.d1gp.co.jp/)へ

■前売り券の購入はローチケ.com(http://l-tike.com/sports/d1/)へ

〜 イベントインフォメーション 〜

開催日 3月29日(土) 単走日/3月30日(日) 追走日

開催場所 富士スピードウェイ

チケット 前売(土)(日) 2日通し間観戦券 大人 4,800円 小人 2,500円

前売(土) 1日観戦券 大人 2,900円 小人 1,500円

当日(日) 1日観戦券 大人 5,300円 小人 3,000円

当日(土) 1日観戦券 大人 3,400円 小人 2,000円

Lコード: 【2日券】 33100/【1日券】 33101

問合せ 株式会社D1コーポレーション ☎03-5287-2939

 (まめ蔵)