ホンダの小型SUVは、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドを想定【デトロイトショー2013】

ホンダがデトロイトショー2013で世界初公開した「アーバンSUVコンセプト」は、2013年末に日本での発売も予定している、グローバルSUVモデルのコンセプトカーです。

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活かしたフィット、シティにつづくSUVモデルとして位置づけられ、その3台を合わせて「グローバル コンパクト シリーズ」と呼ぶことも合わせて発表されました。

SUVにクーペのシャープでスポーティなテイストをプラスしたというエクステリアとセンタータンクレイアウトならではの広い室内が特徴ということ。また、新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を搭載したガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車の3タイプを揃えたラインナップを展開するとのこと。

つまり、ヨーロッパでリリースされている1.6リッター・クリーンディーゼルが、この「グローバル コンパクト シリーズ」にも搭載されていくということを示しています。また、同シリーズ全体として2016年にはグローバルで150万台の販売ボリュームを想定しているといいます。

なお、このコンパクトSUVモデルは2013年末に日本で発売、順次グローバルに展開予定。アメリカでは、2014年春に稼働予定のメキシコの新工場で生産、2014年中に発売する予定ということです。

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事