日産と三菱ふそうが日本市場で小型トラックを相互OEM

 

日産自動車と三菱ふそうトラック・バスは、日本市場向けに小型トラックの相互OEM 供給を検討することで基本合意したことを発表しました。

合意内容は下記の2点。

・日産から三菱ふそうに小型トラック「アトラスF24」(積載量1.5tクラス)を供給。
・三菱ふそうから日産に小型トラック「キャンター」(積載量2.0tクラス)を供給。

キャンターといえば、独創的なハイブリッドバージョンが発売された注目モデル。そしてアトラスF24も日産のコマーシャルビークルとして主力モデルで、1.5tは2011年にディーゼルエンジンを大改良しています。

そうした両社が注力しているモデルの相互OEM、かなり密接な関係を感じさせます。

それもそのはず、この提携は2010年4月7日に発表されている、ルノー・日産アライアンスとダイムラーAGとの戦略的協力関係に基づくものということです。OEM供給というと、足りない部分を補うというイメージもありますが、今回の合意は、互いの強みを重ね合わせることで高め合うことを目指したOEMといえそうです。

■日産と三菱ふそう、OEM 供給で基本合意~小型トラックの日本市場向け相互供給を検討~(日産自動車)
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2012/_STORY/120629-01-j.html

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事