インドのタタ、売れているのはプレミアムブランドという意外な事実【動画】

インド最大級の企業グループTATA(タタ)といえば、国民車となる「ナノ」の開発などで知られている存在ですが、それだけではありません。ジャガーやランドローバーほかの企業を内包する自動車製造のグループのリーダーという面もあります。

そんなタタ・グループの自動車販売台数が発表されています。グループ全体での2012年5月の販売台数は96,089台、前年同月比で12%の伸びということです。

このうち商用車は45,025台と半分弱。残りの5万台強が乗用車ということになりますが、こちらは前年同月比で21%増と好調。ただし、比率でいうとタタ・ブランドが20,970台なのに対して、ジャガー・ランドローバーの合計が30,094台と多いそう。とくにイヴォークの人気でランドローバーの販売台数が伸びているということです。


 

ちなみに、グローバル生産で9.5万台規模というと、ちょうどマツダ(2012年4月で約9.4万台)と同じくらいで、それほど大きいわけではありません。ただし、ジャガー・ランドローバーという比較的、高価格帯の製品を持っているのはタタ・グループの見逃せないところ。タタといえば、インドの国民車というイメージですが、自動車グループとしてはプレミアムブランドが好調という見方もできそうです。 

 

■Tata Motors Group global wholesales at 96,089 vehicles in May 2012
http://www.tatamotors.com/media/press-releases.php?id=764

(山本晋也)