日産ウイングロードが法規対応で後席中央3点式シートベルトを標準装備

1.5、1.8リッターエンジンを搭載する日産の小型ステーションワゴン「ウイングロード」がマイナーチェンジしました。

今回の改良ポイントは、2012年7月以降の生産車に適用される安全法規への対応が主だったところ。

全グレードにおいて、後席中央シートELR付3点シートベルトと、後席ISO-FIXチャイルドシートアンカーを採用しています。あわせてシートベルトの装着しやすい自立式シートベルトバックルも備えたということです。

駆動方式はFWDのほか、リヤをモーターで駆動するe・4WDも用意されたウイングロード。メーカー希望小売価格は151万4100円~ 202万8600円となっています。

■ウイングロードWebカタログ(日産自動車)
http://www2.nissan.co.jp/WINGROAD/

■「ウイングロード」の一部仕様を改良(日産自動車)
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2012/_STORY/120620-01-j.html

(山本晋也) 

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事