【The new smart】新型スマートを選ぶ楽しさ

価格を抑えエントリーモデルを159万円としたことと、電気自動車を295万円で販売受付を開始したことで話題を集めている新型スマート

全く新しいライフスタイルを届ける電気自動車「エレクトリック ドライブ」をはじめ、スマートのある生活を予感させるいくつものグレードが用意されています。

そのコンセプトを凝縮したのが、エントリーグレードとなるスマート・フォーツー・クーペmhd(159万円・受注生産)。そして、ベーシックグレードとしてアルミホイールやアームレストなどを備えたのがスマート・フォーツー・クーペmhdプラス(168万円)といえるでしょう。

さらにボディ同色スタイリングパッケージや本革巻ステアリング&シフトノブなど、こだわり抜いたバリエーションといえるのがスマート・フォーツー・クーペmhdパッション(184万円)。

ターボエンジンやパドルシフトによって走りの楽しさを追求したスマートとして、スマート・フォーツー・クーペ・ターボ(195万円)とスマート・フォーツー・カブリオ・ターボ(219万円)も用意されています。

あなたなら、どのスマートを選びますか?

画像はスマート フォーツー エレクトリックドライブ(295万円・予約受付中)です。

■スマート公式サイト
http://www.smart-j.com/

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。