「エコ」じゃないMRワゴンも燃費改善でエコカー減税率をアップしました

OEMモデルの日産モコにつづいて、スズキMRワゴンがマイナーチェンジを実施しました。

今年2月にアイドリングストップなどの燃費改善テクノロジーの投入により追加された「ECO-L」、「ECO-X」の両グレードにおいては「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、自動車取得税、自動車重量税が免税となっていますが、今回のマイナーチェンジでスタンダードなグレードも燃費を改善しています。

対象となるのは2WD・NAエンジン搭載グレードで、エンジンの燃料カット時間を増やしたりCVTの抵抗を減らすなどして燃費を従来より+0.2km/Lとなる23.2km/Lへと改善しています。

これにより「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、自動車取得税と自動車重量税の減免措置が受けられる「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の軽減率が、50%から75%に向上したということです。

合わせて、MRワゴン全機種の後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用するといった保安基準適合の変更を受けています。

なお、この新・保安基準は国際基準に則ったもので、2012年7月1日以降の生産車に適用されるものとなっています。

■スズキ MRワゴン
http://www.suzuki.co.jp/car/mrwagon/ 

(山本晋也)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事