スピンドルグリル採用で一層精悍な顔つきに!! LEXUS RXがマイナーチェンジ!!

LEXUSはクロスオーバーSUVのレクサス RX450h・RX350・RX270をマイナーチェンジし、4月12日より発売しました。

[デザイン]
エクステリアでは次世代LEXUS共通仕様の「スピンドルグリル」を採用し、より一層精悍な顔つきに生まれ変わりました。
また、外板色は新設定のプラチナムシルバーメタリック、ガーネットレッドマイカ、ファイアーアゲートマイカメタリック、ラピスラズリマイカを含む全10色をラインナップ。

インテリアではシートにアクセントステッチを追加し、シートカラーを新設定のガーネットとサドルタンの2色を含む全5色を用意するなど、上質でスタイリッシュな室内空間を演出しています。

[追加グレード]
今回のマイナーチェンジのタイミングでRX450h/RX350にスポーティバージョン“F SPORT”を設定。
大型エアロバンパーや19インチアルミホイール、専用シートおよびパドルシフトなど、“F SPORT”独自の内外装を採用。
また、専用チューニングを施したサスペンションと、ボディのたわみや微振動を吸収するパフォーマンスダンパーにより、スポーティな走りを実現しています。


RX450h“F SPORT”

[安全面]
もちろん安全面も充実しています。
例えば、見通しのきかないカーブの先の渋滞や停止車両といった情報をカーブの手前で知らせてくれたり、高速道路で合流してくる車両の存在を合流部の手前で知らせてくれたりする、ITSスポットサービス(DSRC・メーカーオプション)や、一時停止や赤信号の見落としの可能性を判断し、ドライバーに注意を促したり、わき道や前方の停止車両の存在をドライバーにお知らせするDSSS運転支援機能を新たに搭載しています。

DSRC【表示例】

気になる価格は、430万円から。

ちなみにRXの元祖トヨタ「ハリアー」も、2014年春頃RXとは独立して登場という噂もあるので、そちらにも注目です。

次期ハリアーには、価格にも期待!!

(武井 正行)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事