スーパーGTもエコでチャンピオンを狙う時代か?

今年のスーパーGTで注目されたのはトヨタプリウスのGT300クラス参戦。そう、あのハイブリッドエコカーが国内ハコ車最高峰に登場したんです!

もの凄くかっこよく仕上がっているプリウスGT。ファクトリーはMR2やカローラアクシオなど、数々のトヨタ車でGT300で活躍した名門apr。このチームにトヨタ自動車HV先行開発部が全面協力してマシンが製作されました。現在はカローラアクシオに搭載されていた量産V6エンジンを使用。ECUはレース用ですが、モーター、インバータ、バッテリーは市販用プリウスの物をそのまま使用しているそうです。テスト走行では100kgの重量増でタイムが伸び悩びましたが、予選では1分29秒677をマークしてJAF-GT勢トップの予選5番手に滑り込み、決勝への期待が高まっています。

なおこのハイブリッドシステムは市販車へのフィードバックも視野に入れているとのこと。またスーパーGT第4線からはホンダCR-Zも参戦し、ル・マン24時間レースにはトヨタTS030というハイブリッドマシンが参戦するなど、レースシーンでのハイブリッド車の躍進が楽しみですね。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事