開幕戦岡山のGT500は若手2名の歴史に残る名勝負!【SUPER GT 2021】

■一筋縄では行かない開幕戦の岡山

4月10日・11日に岡山国際サーキットで開催のSUPER GT開幕戦「2021 AUTOBACS SUPER GT Round1 たかのこのホテル OKAYAMA GT 300km RACE」。2020シーズンはコロナ禍の影響で岡山国際サーキットでのSUPER GTは開催されなかったため2年ぶりの開催となり、なおかつ晴れ渡った空のもとでの開催は3年ぶりとなります。

開幕戦岡山のスターティンググリッド
開幕戦岡山のスターティンググリッド

GT300のK-Tuneから急遽助っ人としてKeePer TOM’S GR Supraへやってきた坂口晴南選手が、全予選トップタイムでポールポジションを決め、予選から若手の台頭が目立っていた開幕戦の岡山。

ポールポジションのKeePer TOM’S GR Supra
ポールポジションのKeePer TOM’S GR Supra

またグリッドの上位5台をGR Supra&BSタイヤが占めるという寡占状態で、GR Supra勢の仕上がりの良さにも注目が集まります。

開幕戦のスタート
開幕戦のスタート

スタートではポールポジションからKeePer TOM’S GR Supraの阪口晴南選手がトップをキープ。背後には14号車 ENEOS X PRIME GR Supra、36号車 au TOM’S GR Supraと、 GR Supra勢の5台が予選順位のとおりに駆け抜けていきます。

そこにスタートからとんでもない勢いで追い上げを見せたのが、予選12位の23号車 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ選手。5周目に6番手まで浮上して上位5台のGR Supra勢を追いかけます。

アクシデントによりセイフティカー導入
アクシデントによりセイフティカー導入

この後7周目にGT300の30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTが追突されスピンで停車。ここでセーフティカー(SC)が入りますが序盤のために順位に大きな影響はおよびません。

そして30周を過ぎたあたりからピットインが始まります。早めに入ったのはホンダNSX-GT勢で、64号車 Modulo NSX-GTや1号車 STANLEY NSX-GTなどがピットに入っていきます。

そんな中、33周目にGT300の360号車 RUNUP RIVAUX GT-Rがピットアウト直後にスピンでコース上で止まってしまいます。このアクシデントでSCが入ると見るや、その前に各チームともにピットインさせてしまおうということでピットロードは大渋滞! そのタイミングとピット作業の時間などで大きく順位が変わることになってしまいます。

●ピットインでKeeperが後方へ! ENEOSとauが20周以上のトップ争い!

33周から34周目にかけてのピット大渋滞で、トップ集団だったGR Supra勢も一斉にピットインします。しかし混みすぎたピットエリアでは通常の停め方が出来ず、トップの3台はピットへ斜めに突っ込んでドライバー交代やタイヤ交換をせざるを得ません。

ENEOS X PRIME GR Supra
ENEOS X PRIME GR Supra

この大混乱のピットを一番早く飛び出したのは、14号車 ENEOS X PRIME GR Supra。

au TOM'S GR Supra
au TOM’S GR Supra

作業はKeeperとほぼ同時に終了しましたが、ピットを出るタイミングが微妙に早かったおかげで、2位に浮上したのが36号車 au TOM’S GR Supra。

KeePer TOM'S GR Supra
KeePer TOM’S GR Supra

それまでトップだったKeePer TOM’S GR Supraは、このピットインで39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supraにも抜かれ、4位までの後退を余儀なくされてしまいます。

SCラップのGT500マシン
SCラップのGT500マシン

24号車 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R以外はSC導入前にピットインでき、SC明けの実質のトップはENEOS X PRIME GR Supraで、au TOM’S GR Supraが続きます。

ENEOS X PRIME GR Supraとau TOM'S GR Supraのバトル
ENEOS X PRIME GR Supraとau TOM’S GR Supraのバトル

ここからがこの開幕戦一番の見どころと言えるENEOS X PRIME GR Supraとau TOM’S GR Supraの、というよりも山下健太選手 vs. 坪井翔選手の、常に1秒を切る接近戦の大バトル。

ファステストラップをお互いが更新しながら、鬼チャージの坪井選手に鬼ブロックで対抗する山下選手の、本当に手に汗握る大バトルが延々と20周以上にわたって繰り広げられます。

ENEOS X PRIME GR Supraとau TOM'S GR Supraのバトル
ENEOS X PRIME GR Supraとau TOM’S GR Supraのバトル

そして残り8周、バックストレートからのヘアピンの突っ込みでau TOM’S GR Supraの坪井選手が仕掛けます。しかし止まり切れずにコースアウト!すぐにコースに復帰しますが、ENEOS X PRIME GR Supraは遥か先へと行ってしまいます。

ENEOS X PRIME GR Supra
優勝したENEOS X PRIME GR Supraのドライバー

壮絶なトップ争いを制したENEOS X PRIME GR Supraの山下選手はそのままチェッカーをくぐり、ROOKIE Racing結成以来、初となるSUPER GT優勝を飾ります。

1秒を切るバトルを30分近く繰り広げた山下選手と坪井選手。こんな名場面は次戦の富士でも繰り広げられるかもしれません。

その第2戦は5月3日(月祝)~4日(火祝)に富士スピードウェイで開催されます。

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩

『スーパーGT』の最新記事
2020年8月のSUPER GT 鈴鹿戦
緊急事態宣言等の影響で第3戦鈴鹿が延期に!【SUPER GT 2021】
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
最後の最後で大逆転! SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTと河野駿佑選手が第2戦 富士でGT300初優勝【SUPER GT 2021】
Astemo NSX-GT
ペナルティにマシントラブル! 上位が次々と消える富士500kmのGT500で最後に笑ったのはAstemo NSX-GT【SUPER GT 2021】
SUBARU BRZ R&D SPORT
新生SUBARU BRZ R&D SPORTが0.15秒の僅差でGT300のポール獲得【SUPER GT 2021】
WedsSport ADVAN GR Supra
21歳がポール獲得! WedsSport ADVAN GR Supraが5年ぶりのポールポジション【SUPER GT 2021】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事