春こそ気をつけたい マジ泣けた雪道の思い出・その2【車中泊女子の全国縦断記】

志賀高原
志賀高原
志賀高原でブリザード

某年04月26日の停泊地・道の駅『あらい』(新潟)、雷雨。
草津(群馬)で合流する予定の知人に電話したら「こっちは晴れてて暑いくらいだよ!志賀高原もバッチリ見えてるし」との事だったので、しばらく雨が弱まるのを待っていざ出発。

 

標高1000mあたりから雨がみぞれになり、1500mあたりから雪になり…
志賀高原、2000m到達。吹雪。

2度目の雪道だけど、前回とは比べ物にならないくらいヤバイ。真っ白で何も見えない。正直、恐怖で足が震えました…。
車もめっきり減って、途中でカーナビも「引き返せ」って言ったんですけど、もう戻るに戻れず。
長い下りにさしかかると微妙に滑っていき、大ピンチ。何しろノーマルタイヤ(M/Sではありますが…)!
左にはワイヤーのガードレールがあったのですが、キャンピングカーは重量があるし壊れたら怖いので、するすると右側のコンクリート壁に寄っていって、その下に積もってる雪で止まることに成功。
壁まであと10cmだった…(ToT)

でも、止まったはいいけど今度はリスタートできない。
ギアをバックに入れてソロ〜リ、アクセルを踏む。きゅるきゅる空回り。
うーん、困った…誰も通らないし。これは諦めるしかないか?
しばらくして、四駆の方が「引っ張りましょうか?」って言ってくれたんですけど、重すぎるし、何より引っ掛ける場所がない。
こんな豪雪の中、お言葉をかけてもらっただけで勇気百倍です!

気を取り直して、止めてくれた雪を押しのけて無理矢理脱出しました。
さすがは6800cc。下りでよかった?

写真はトイレ休憩した駐車場です。
あんまり豪雪っぷりが伝わらない写りで納得いかないんですけど(笑)
3mくらいの雪壁もあったんですよ!

そして安全のために迂回した『万座ハイウェイ』(¥1,020)を降りたら嘘のように雨が止んで虹が出てました。
泣けた。マジ泣けたっス。

這々の体でようやく知人と合流。
草津でも電話の後から曇り始めて雨が降ったらしく、「すまないことをしちゃった」としきりに謝られました。
いや、冬期閉鎖解除=雪がないと思い込んでた肥後っこがいけないんです…。
春スキーができるんですから、そんなワケないですよね。
ウィンタースポーツにも縁がないから、まったく思いつきませんでした…。

とにかく無事に越えられて、よかったです。
この経験を活かして、高地に行く時はもっと下調べするようにします。

(松本しう周己)

【リンク切れ、画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/117765

志賀高原
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事