生産終了から5年ぶり?ホンダがフルサイズ250ccオフロードバイクを出品【東京モーターショー】

今回の東京モーターショーで筆者的に一番うれしい出品はホンダのCRF250L。

このCRF250L、ホンダが5年ぶりに復活させた250ccのフルサイズオフロードバイクなのです。何で5年ぶりかというと、当時のフルサイズオフロードバイクであったXR250が空冷エンジンのために2007年の排ガス規制を通すことが出来なかったのです。ライバルメーカーで生き残っているのはカワサキとヤマハ。両方水冷です。
このCRF250Lなかなかでないから、バイクを買い換えられなくてバイクを降りてしまった人も多いはず。少なくとも筆者はその一人。

空冷のXRは筆者も乗っていましたが、水冷に比べて重心が低く、取り回しが非常に楽で本当にどこでも走ることができました。XRユーザーはこのイメージが非常に強く、単純に水冷にするだけでは製品化に見合うほどの販売数は見込めないでしょう。

だからホンダは水冷化にあたってモトクロッサーのCRを4ストロークにしたCRFでモトクロスやエンデューロといった競技ステージでノウハウとデータを蓄積し、まさに満を持して登場させてきたのがこのCRF250Lなのです。

エンジンはかなりコンパクト。DOHCヘッドの水冷とは思えません。ウォータージャケットをかなり小さくまとめたようです。出力も以前のXRよりアップ。ライバルのヤマハWR250は31psなので、ずばり30psを期待します。

フロントフォークは倒立式。倒立というと下りには強いけど、フロント周りが固すぎて、高速ガレ場でどこに飛んでいくかわからない、というイメージなんですが、CRFはフレームとアブソーバーケースの剛性を解析してかなりしなやかに動くフロント周りを作り上げたということです。

はっきり言って見た感じでは、林道ツーリングレベルでは全く問題の無い、むしろナンバー付きバイクによるエンデューロまで視野に入ったフロント周りの作りこみ出は無いかと。

XRの最終型も売れなくて生産が終了したわけでは無いですから、新型の登場はかなり熱望されていました。XRはホンダの二輪ではスーパーカブの次に世界で認知されているシリーズでしたので、CRF250Lはグローバルでも求められているのです。

さて気になるお値段ですが、来年発売予定ということで正式には回答をもらえませんでしたが、空冷XRを知る人には信じられないリーズナブルプライスを実現するとのこと。

ナンバー付バイクでのエンデューロも再燃する動きがありそうなので、50万円を切ってくれればかなり普及するのではないでしょうか。

50万円を切ってくれたら、少なくとも筆者は買います。絶対買います。

 

(北森涼介)