山梨の道の駅めぐり【車中泊女子の全国縦断記】

道の駅『なるさわ』
道の駅『なるさわ』

道の駅『なるさわ』
山梨県南都留郡鳴沢村字ジラゴンノ8532-63
国道139沿い

 

物産館(直売所)、軽食コーナー(富士桜ソフトクリームが名物)、『なるさわ富士山博物館』(無料)、富士山の伏流水汲み場(17時で止まります)など併設。
自然探索路はところどころ立ち入り禁止になっていました。
ちょうど富士五湖の中心あたりに位置し、休憩地点・観光拠点として、また「富士山が見える道の駅」としても人気です。

新鮮な高原野菜を中心に、山梨名物ほうとう、蕎麦、ブルーベリーなどの果物、乳製品などなど豊富な品揃え。
鹿肉のソーセージもありましたよ!(¥680) けっこう野性味あふれてました。

停泊には、道の駅裏手にあたる芝っぽい駐車場がオススメです。ちょっと離れた第2駐車場のトイレは夜間閉鎖されます。

日帰り入浴は隣接の『富士眺望の湯 ゆらり』(約200m)で。
檜風呂、香り湯、洞窟風呂、メグスリノキ風呂、塩釜蒸し風呂などなど男女併せて16種類(別途料金がかかるものもあります)の浴槽があり、露天風呂からは富士山が一望できます!

ボディリフレッシュルーム(韓国式あかすり、アロマ経絡タッチ、ボディケア、フットケア、タイ古式健康法など)やお食事処も併設、ここだけでも1日寛げます。

それにしても富士周辺の入浴料は高いですね!(>_<;)

 

道の駅『花かげの郷まきおか』
道の駅『花かげの郷まきおか』

道の駅『花かげの郷まきおか』
山梨県山梨市牧丘町室伏2120
国道140号沿い

 

物産館(直売所)、軽食コーナー、バス停併設。遊具公園、コンビニ(デイリーヤマザキ)、ほうとう店に隣接しています。
道の駅自体は小さい方で、ぶどう・リンゴなど果物と農作物がメイン。山梨名物ほうとう、ワインなどのお土産品のほか植物コーナーもありました。
日帰り入浴は、『花かげの湯』まで約2kmです。

敷地内には『彩甲斐(さいかい)の石』というモニュメント?があります。以下、説明板より↓

日本三大峠のひとつに数えられる場所「雁坂峠」により、長い間隔てられてきた「彩の国(埼玉県)」と「甲斐の国(山梨県)」。
平成十年春、雁坂トンネルの開通により時代を越えて出逢った二つの国は、「彩甲斐街道」によって一つに結ばれ、新たな歴史を刻みだしました。
いま、あなたの目の前で仲良く寄り添っている「彩甲斐の石」は、二つの国が出逢えたように、人と人との新たな出逢いや再会(彩甲斐)が生まれることを願って、この地に設けたものです。

 

道の駅『みとみ』
道の駅『みとみ』

道の駅『みとみ』
山梨県山梨市三富川浦1822-1
国道140号沿い

 

雁坂トンネル(有料)の山梨側、約1kmほどのところにあります。
物産館(売店)、お食事処併設、1月中旬〜5月中旬までイチゴ刈りができます。
イノブタ(猪豚)が特産で、ラーメン、いの豚まん、いのぶたコロッケ、いのぶたシュウマイなど多種多様なイノブタ料理・イノブタ製品が目白押し。

道向かいには『久渡の沢釣り場』『西沢渓谷笛吹小屋キャンプ場』、また西沢渓谷へも近く、春はシャクナゲ、今の時季は紅葉目当ての観光客で賑わいます。

約1〜2kmほど山梨側に、広瀬湖(ダム)公園、『広瀬湖ふるさと記念館』『ふるさとバンガロー』があり、公園の駐車場にもトイレと売店があります。

(松本しう周己)

【リンク切れ、画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/2011/10/28/75665

この記事の著者

松本しう周己 近影

松本しう周己

高校は美術科を卒業し、印刷会社のデザイン部に就職するも2年足らずで退職してフリーターに。主にコンサート・イベント関係で全国を駆け回る。その後、なぜかウェブデザインの道へ。仕事として・・・