G’s版 Vitz RSがグンと『男前』になった訳を徹底解剖!

Vitz RSのG’sバージョンが 10月3日に発売されるそうです。

そもそも「G’s」とはGAZOO Racingの開発チームがトータルチューニング、ベースモデルと同じ工場ラインで生産する事で「走りの味」、「クルマの楽しさ」をリーズナブルな価格でより幅広いユーザーに提供しているトヨタのスポーティ系ブランド。

中でも今回発売となる「Vitz RS G’sバージョン」は足回りに専用のスポーツ・チューンが施され、パフォーマンスロッドの採用や溶接スポット点数の追加によるボディ剛性の向上と、床下気流の整流、17インチホイール&タイヤの採用などで操安性がかなり向上している模様。

では早速、フロント廻りから見て行きましょう。

G's Vitz RS

オリジナルの独特な「アク」の強さが消えて、スッキリとしたスポーティな顔に改められています。その訳はフロントバンパーを丸ごとデザインし直しているのがポイント。ヘッドランプ形状を変更すること無く、バンパー側の変更のみで見事に『男前』に変身させています。

現行 RS

ラジエータグリルを小型化してエンブレムを廃止、そのスペースを使って伸びやかなノーズを形成しているところがミソ。

 リア廻りもバンパーが丸ごとデザイン変更されており、大型マフラーの採用と相まってなかなかイイ感じに仕上がっています。

G's Vitz RS

余興でホワイト・ホイールを履かせてみたのですが、これまた良く似合いそうです。何やら「アバルト・グランデプント」風の匂いもしますが、これはこれで大いに「アリ」ではないでしょうか。

アバルト グランデプント

いきなりグンと男前になった「Vitz RS G’sバージョン」、お値段は、5速MT車、CVT車ともに189万円。ベース車が5MT:172万円 CVT:179万円ですから、確かにリーズナブルな価格設定と言えそうです。  専用装備の数々は こちら

こちらも併せてお読み下さい。 https://clicccar.com/2011/05/23/25457

(Avanti Yasunori )

【画像がすべて見られない方は>>> https://clicccar.com/58801  】