スバルが新型クロスオーバーSUVを発表。「XV」ってナニ?

クルマ好きにとって、9月といえばフランクフルトの季節。フランクフルトといったって、大きなソーセージのことではありません。ドイツで開催される、世界有数のモーターショーのことです。今年は9月15日から一般公開されるのですが、スバルからは2台の新型車が出展されると発表がありました。

一台は「BRZ」こと「スバル版FT-86」の技術コンセプトモデル。もう一台は、「XV」と呼ぶクロスオーバーモデルです。


これが、公開された「XV」の写真。

もう1枚。

全体カットが無いのでわかりにくいですが、このクルマの正体は車高の高い新型インプレッサ。知る人ぞ知る「グラベルEX」の現代版ってとこでしょうか。

でも実はこの「XV」、すでに今年4月の上海モーターショーで公開されているんですよね。


上海モーターショーで公開された「XVコンセプト」

「コンセプト」から「市販仕様」に移したモデルがフランクフルトで発表されるようです。

 

ちなみに、現行インプレッサにも日本名「インプレッサXV」として存在します。

 

現行型と新型の違いは、どうやらその位置づけにある模様。現行は“インプレッサの派生モデル”としてひっそり売られていたのに対し、新型は上海やドイツでインプレッサとは別に公開するなど“独立した車種”として大々的にアピールしている感があります。そう思いませんか?

斜めから読むと、スバルはインプレッサの肩書きを「ラリーで暴れまわったクルマ」から「アクティブなコンパクトカー」にしようとしているのかもしれません。クルマ好きとしてはちょっとさみしい気もしますけどね。

いずれにせよ、この「XV」が、セダン、ハッチバックに続くインプレッサの「定番」になるのかに注目です。

【画像がすべて見られない方は】https://clicccar.com/2011/09/01/56820

(工藤貴宏)

 

 

 

 

 

 

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事