再起動!EVA・箱根町・トヨタの電力補完計画実施へ!

箱根町電力補完計画のイメージカット 箱根町観光協会より引用
箱根町電力補完計画のイメージカット 箱根町観光協会より引用

箱根町の環境対応公用車第2弾、トヨタプラグイン・プリウス納入記念イベントとして7月の9~10日に開催される「電力補完計画」。仙石原にある旧仙石原中学校を、なんと第3新東京市立第壱中学校にしてしまうというこのイベント。会場となる学校の教室ごとにテーマを設けトヨタが提案する節電を訴えていこうということになっているようです。

いろいろな展示物も興味をそそりますが、私としてはAR技術を使った校庭に立つエヴァ初号機に興味津々です。校庭内の特定のマークのある場所で指定の方向に向けてiPhoneで撮影すると、そこにいなかったはずのエヴァ初号機が写るというもの。
これはファンにはたまりません。ついでに綾波とアスカ、マリの分もARやって欲しいなぁ。 特にマリは熱望!

イベント公式サイト http://www.phv-eva.jp/

実は3月中の週末に開催予定だったのですが、震災の影響で延期になってしまっていたのです。しかし、今年は新劇場版「Q」も公開されるようですし、エヴァ人気は高まる一方。この機を逃していつやるか、というくらいナイスタイミングです。

余談ですが、箱根町の公用車、リーフ(下の写真)と今回のプリウス、箱根町とエヴァ製作サイドでは「痛車」ではないと主張していますので、見かけても「痛車だっ!」と言わないようにお願いいたします。

(北森涼介)

【画像がすべて見れない時は>>>https://clicccar.com/36491】

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。