KYOSHOアリスEvo.Xに第三のドライバー現る【スーパー耐久 2011】

KYOSHOアリスモータース ランサーX
KYOSHOアリスモータース ランサーEvo.X

前回の菅生を6位でフィニッシュしたKYOSHOアリスモータースのランサーEvo.X。このチームに大きな異変が起ころうとしています。

 

藤原能成選手
藤原能成選手

第三のドライバーとして、藤原能成選手が次戦の富士と茂木に参加。
2008年にはST4クラスのDC5インテグラで同クラスのFD2シビックType-Rを向こうに回し、パワー勝負のはずだった茂木のオーバルで3位をゲットする、という快挙を起こしたドライバーです。

 

2008年茂木オーバル3位のマシン
2008年茂木オーバル3位のマシン

なおかつ、このDC5インテグラ、スーパー耐久では初の痛車だったことも特筆すべき点。スーパー耐久における痛車の歴史の一翼を担うドライバーといっても過言ではありません。

KYOSHOアリスモータース AS Racing 広報ブログ http://ameblo.jp/advancestep/

(北森涼介)

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。