本物スワロ4万5000粒で約50万円もかけたS14シルビア【名古屋エキサイティングカーショーダウン2011】

ボンネットに艶やかな蝶が舞うドリフト仕様のS14シルビア。

オーナーの藤澤瑞穂さんが自らの手作業で仕上げたそうです。

使用したスワロフスキー(本物)は4万5000粒。接着剤で張り付けるが、なんどか失敗もし、その度にハンマーで剥がすことで再利用は不可。一粒10円位するので、材料費だけでも50万円くらいはかかってるそうです。

スワロフスキーはボディだけでなく、ホイールや内装にも。

で、見た目だけかというと、そうでもなく、エンジンはS15エンジンに載せ換え、メタルガスケットや東名カムなども入っている本格ドリフト仕様。

女の子らしさと力強さが共存するとんがり仕様ですね。

(小林和久)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事