地震発生直後に知っておきたいこと!

びっくりしました。あんなに強い揺れを感じたのは生まれて初めてでした。凄い地震でしたね。なんでも、関東大震災のエネルギーを超えていたんだそうです。

まだ被害は明らかになっていませんが、被害と犠牲者が最小限で済むことを祈っています。

どうしても用事でクルマを使いたいって人もいるかもしれませんが、都市部ではオススメしません。っていうか、できれば使わないほうがいいでしょうね。

現在、主要高速道路は通行止めです

まず、都市部ではひどい渋滞が起きています。目的地までどれだけの時間を必要とするかまったく読めないので、デートに遅れたり、見たいテレビが見られなかったり、ガス欠になっちゃったり、お腹が減っちゃったり、お腹がいたくなったり、トイレに行きたくなっちゃったりするかもしれません。ちょっと大変ですよね。

それに渋滞は、緊急車両や援助車両の通行を妨げてしまいます。クルマを使いたい気持ちもわかりますが、ここは助け合いの精紳でいこうじゃありませんか。

どうしてもクルマを使う人は、心と時間の余裕をもって挑みましょう。いつでも緊急車両に道を譲れるように、空間をしっかり空けましょうね。特に交差点付近は。

沿岸部(津波がくる)や崖(崩れてくる)の近くは通らないようにしましょう。これ、自分の生死をわけちゃいます。

あと、どうしてもクルマを離れる際は、路上放置は厳禁ですよ。渋滞の原因となり、復旧の妨げになりますから。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。