【ニューモデル速報】ホンダに「タイプS」が戻ってきた!! アコードがマイナーチェンジ

アコードがマイナーチェンジしたのですが、驚くのはその内容。「タイプS」が復活したのです。

ポイントはやはり、走りの性能向上。「TypeS」のお約束である運動性能と快適性を両立した専用セッティングのサスペンションに、17インチサイズに大径化したブレーキが、走り好きのホンダファンにはたまりませんね。


TypeS

そのほかエアロパーツや黒内装+赤ステッチのシートなど、内外装がよりスポーティにコーディネートしてあるのもうれしい限りです。

もちろんツアラー(ワゴン)にも

でも、先代アコードユーザーにとっては「2Lエンジン追加」のほうがニュースなのかもしれませんね。現行モデルへとフルモデルチェンジされた際に2Lエンジンは廃止となり全車2.4Lエンジンとなっていたのですが、今回のマイナーチェンジでは2Lエンジンもしっかりと復活を果たしました。新型は価格が高すぎる!という市場の要求に応えた対応と考えて間違いないでしょう。マイナーチェンジ前のベーシックグレード(24E)は270万円だったのですが、マイナーチェンジ後のべーシックグレード(20TL)は249万8000円と20万円と少々お安くなっています。今回のマイナーチェンジで、2.4Lエンジン搭載車は「TypeS」だけになりました。


20TL

全幅1840mmは大きすぎだ!とか、価格が大幅に上がっちゃったから買えないよ!とか、フルモデルチェンジの際には日本の旧型アコードユーザーからの厳しい声が寄せられ、すっかり元気のない現行アコード。でもいいんです。周囲の声なんて関係ないんです。アコードオーナーのボクはアコードが大好きなんですから。これでアコードが増えてくれるなら、ボクは幸せです。

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。