コロナの上級モデル「マークII」2代目デビュー。スカイラインを意識して大型でスポーティに【今日は何の日?1月29日】

■コロナからのイメージチェンジを図った2代目

1972(昭和47)年1月29日、トヨタ「マークII」の2代目となる「コロナマークII」がデビューしました。

初代「コロナマークII」は、高級車「クラウン」と中級車「トヨペットコロナ」の中間を狙って登場。2代目はボディを大型化かつスポーティにして、コロナからの脱皮を図りました。

whatday_20230129_02
1972年にデビューした2代目マークII(コロナマークII)


●コロナの上級モデルとしてコロナマークII誕生

コロナマークIIの源流であるトヨペットコロナが誕生したのは1957年のこと。その後コロナは、11代目の2001年まで販売されたトヨタを代表する大衆セダンです。

コロナは、日産自動車の「ダットサン(1959年からはブルーバード)」に対抗するモデルとしてあり、長期にわたって『BC(Bluebird-Corona)戦争』と呼ばれたライバル関係が続きました。

whatday_20230129_03
1957年発売の初代トヨペットコロナ

1960年代も後半になると、クルマには高級感が求められるようになり、それに対応するために新たに開発されたのが、1968年にデビューしたコロナの上級版・コロナマークIIでした。

コロナマークIIは、クラウンとコロナの中間に位置づけられ、エンジンは1.6Lと1.9L直4 SOHCを搭載。4ドアセダンと2ドアハードトップの他、バンやワゴンなど、多彩なバリエーションが設定されました。

コロナマークIIは、ライバルの日産「ローレル」などを押しのけて、着実にシェアを伸ばしていきました。

●スカイライン似の上級パーソナルカーに変貌した2代目

初代からフルモデルチェンジした2代目は、日産の「スカイライン」を意識して、先代よりも一回り大きく、全高は15mm低くなり、大型化かつスポーティに変貌しました。

whatday_20230129_04
1968年にデビューした初代マークII

先代同様、4ドアセダンと2ドアハードトップが用意されましたが、標準グレードのパワートレインは、2.0L直4 SOHCと4速MTと3速ATの組み合わせで、駆動方式はFR。

トップグレードには、クラウン用の2.0L直6 SOHCエンジンが搭載され、4気筒搭載車よりもボンネットを50mm延ばし、インテリアも木目調にするなど、ワンランク上の上質感が魅力でした。

2代目コロナマークIIは、コロナ上級版としての位置づけでなく、完全に独立した上級パーソナルカーとしてのポジションを獲得して、新たなマークIIというモデルの存在感をアピールしたのです。

●その後、ハイソカーブームの立役者になったマークII

whatday_20230129_05
ハイソカーブームをけん引した1984年に登場した5代目マークII

2代目の後を継いだ3代目は、スポーティな雰囲気から一転して高級感漂うヨーロピアンな雰囲気に。そして、4代目が登場した1980年代は、日本のモータリゼーションが成熟期を迎えており、市場が求めたのは、上流意識を満足させる高性能のアッパーミドルクラスのクルマでした。

4代目のスタイリッシュなピラードレスハードトップとゴージャスな内装が、若者から中年層までを魅了し、ハイソカーブームの火付け役となりました。

その後の5代目は、月販台数が1万台を超える大ヒットモデルに、6代目はバブルの勢いに乗って、さらに5代目を上回る販売を記録。今も語り継がれる、ハイソカーブームを牽引したのです。


2代目マークIIは、大人気となった4代目や5代目、6代目に比べれば印象は強くありませんが、初代のコロナ色の強いイメージを一掃して、マークIIとして独自の路線を歩み始めた貴重なモデルではないでしょうか。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。