「楽ナビ」専用前後2カメラ式ドライブレコーダー「VREC-DS810DC」は、ナビの大画面で動画、静止画の確認、設定ができる

■楽ナビの高精細なHD画質で再生できる「ドライブレコーダーリンクHD」に対応

パイオニアは、カロッツェリア「楽ナビ」の新製品の発売に合わせて、「楽ナビ」専用カーナビゲーション連動2カメラタイプドライブレコーダーユニット「VREC-DS810DC」を発表しました。発売開始は3月で、オープンプライス。

Pioneer_Driverecorder_VREC-DS810DC_20230120_1
楽ナビ専用ドライブレコーダー「VREC-DS810DC」

楽ナビの対応機種は、AVIC-RQ920-DC/RF920-DC/RL920-DC/RW920-DC/RZ920-DC/RQ720/RF720/RL720/RW720/RZ720/RL520/RW520/RZ520/RW120/RZ120。

フロント/リヤガラスに取り付けても視界を妨げない小型設計で、リヤカメラは、防水・防塵設計のため、車外(エクステリア)への設置もできます。

最大の特徴は、映像の再生や設定などの操作を楽ナビの画面上で行える点です。

映像は、楽ナビの高精細なHD画質で再生できる「ドライブレコーダーリンクHD」に対応。動画と静止画は、HD画質で再生されるだけでなく、動画と静止画のサムネイルからダイレクトタッチでの再生もできます。さらに、データ消去などの設定も楽ナビの大画面上でスムーズに行える利点もあります。

Pioneer_Driverecorder_VREC-DS810DC_20230120_3
フロントカメラ映像 ナイトサイト搭載 (左) とナイトサイト非搭載 (右)の比較

「カメラ切換」キーにより、録画中の映像の切り換え「フロント→リヤ→フロントとリヤ(PinP)」や、録画映像再生時の切り換え「フロント←→リヤ」がワンタッチもできます(録画映像再生時は、フロント映像とリヤ映像の同時表示[PinP]には未対応)。

また、楽ナビのHDMI入力にスマホやメディアストリーミング端末を接続している場合は、AUX接続によるカーナビ連動機能「ドライブレコーダーリンク」が使えます。

●夜間の映像も鮮明に記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応

夜間でも高画質で記録できるのも特色で、STARVIS技術が搭載されたソニー製CMOSセンサーにより、夜間の映像もしっかり記録する高感度録画「ナイトサイト」に前後カメラともに対応。トンネル内の走行をはじめ、夜間の駐車時でもナンバープレートの文字や周囲の状況などの映像を前後2カメラで鮮明に記録することができます。

Pioneer_Driverecorder_VREC-DS810DC_20230120_4
HDカメラでの撮影イメージ

なお、前後カメラともに200万画素の高画質フルHDカメラが採用されていて、走行車両のナンバープレートを鮮明に記録することができるため安心です。

また、急な明るさの変化による白とびや黒つぶれを補正し、昼も夜も鮮明な映像を録画できる「WDR機能」も用意されています。

さらに、車両のシフトレバーに連動し、後方映像を鮮明に映し出す「バックカメラ機能」、24時間365日クルマを監視する「駐車監視機能(セキュリティモード)」、2つのGセンサーで走行中や駐車中の衝撃を正確に検知する「ダブルGセンサー」なども備わっています。

駐車監視機能は、エンジン停止後、バッテリー電圧が設定より低くなった際に、電源供給を停止する電圧監視機能、動作時間を設定できるタイマー機能も搭載されています。 そのほか、フロントカメラと本体それぞれにGセンサーが搭載され、走行中にはフロントカメラのGセンサーを、駐車監視中には本体のGセンサーを使うことで、車両の衝撃を正確に検知。

Pioneer_Driverecorder_VREC-DS810DC_20230120_5
バックカメラ機能の使用イメージ

多彩な録画モードも搭載されています。連続録画、イベント録画、手動イベント録画、駐車監視録画など、走行中や駐車中のさまざまなシーンに対応。

LED信号機の無点灯記録を防止する高フレームレート(27.5fps)対応するほか、本体内蔵マイクで車内の音声記録が可能で、ドライブの記録としても使えます。

Pioneer_Driverecorder_VREC-DS810DC_20230120_6
「駐車監視機能(セキュリティモード)

そのほか、カーナビでのテレビ視聴時の電波干渉を抑える地デジ電波干渉に対応。microSDカード(32GB)、HDMIケーブル/4極ミニジャックケーブルが同梱され、長時間記録できるmicroSDXCカード(exFAT 128まで)にも対応しています。

フロントガラスへの不要な映り込みを軽減する、別売の偏光フィルター「AD-PLF1」に対応(フロントカメラのみ)。また、録画された走行映像を確認できるパソコン用ビューアーソフト「Driving Viewer」(無償ダウンロード)にも対応しています。

「楽ナビ」の大画面で確認、設定できる「VREC-DS810DC」は、「楽ナビ」ユーザーに安心、安全なカーライフをもたらしてくれるはずです。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。