トーヨータイヤは人気の「プロクセス」「オープンカントリー」に、ケン・ブロックの「アウディS1フーニトロ」などを展示【東京オートサロン2023】

■トーヨータイヤ・ブースの特別ゲストとして来日するはずだった、ケン・ブロック選手を偲んで…

アウディS1フーニトロン
ケン・ブロック選手がドライブしたアウディS1フーニトロン。後ろに並ぶのは向かって左から、マッド・マイク(マイケル・ウィデット)選手、清水隆史社長、リングレーシングのウベ・クリーン監督

東京オートサロン2023のトーヨータイヤ・ブースで大注目だったのが、ラリードライバー、ケン・ブロック選手のゲスト出演でした。

しかし、2023年1月2日に起きたスノーモービルによる不慮の事故のため、ケン・ブロック選手は帰らぬ人となり、東京オートサロン2023への出演がかないませんでした。

清水隆史氏
プレスカンファレンスを行う代表取締役社長の清水隆史氏

プレスカンファレンスでは、社長の清水隆史氏が哀悼の意を表すスピーチを行うとともに、ケン・ブロック選手が最後にドライブしたスーパーEV、アウディS1フーニトロンを展示。ケン・ブロック選手の功績を称えました。

●2023年のモータースポーツ体制を発表

チーム・トーヨータイヤ・ドリフトの川畑真人選手
チーム・トーヨータイヤ・ドリフトの川畑真人選手
FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESの哀川翔監督
FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESの哀川翔監督

プレスカンファレンスではチーム・トーヨータイヤ・ドリフトの川畑真人選手、FLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESの哀川翔監督が登場。

木下隆之選手
新たに「プロクセス」のブランドアンバサダーに就任した木下隆之選手

加えて、2023年からトーヨータイヤのフラッグシップタイヤ「プロクセス」のブランドアンバサダーに就任した木下隆之選手も登場。

木下選手は、ニュルブルクリンク24時間レースの日本人最多エントリー記録を持ち、2023年にはトーヨータイヤの支援を受けて参戦する予定。

ウベ・クリーン監督
リングレーシングのウベ・クリーン監督

また、ニュルブルクリンク24時間レースのレーシングチームである、リングレーシングのウベ・クリーン監督も登壇しました。

マッド・マイク
マッド・マイクの愛称を持つマイケル・ウィデット選手

さらに、トーヨータイヤのブランドアンバサダーである『マッド・マイク』の愛称を持つマイケル・ウィデット選手が、4ローターエンジンを搭載するマツダ3を駆り、パイクス・ピーク・インターナショナル・ヒルクライムへの参戦も発表されるなど、2023年も積極的にモータースポーツに参戦していくことが明らかになりました。

●特性に合わせたタイヤを履いた5台のクルマを展示

スバル・レガシィ・アウトバック・GO OUTエディション(オープンカントリーR/T)
オープンカントリーR/Tを履くスバル・レガシィ・アウトバック・GO OUTエディション

ブースには、冒頭で紹介したアウディS1フーニトロン(プロクセスR888R)をはじめ、スバル・レガシィ・アウトバック・GO OUTエディション(オープンカントリーR/T)、三菱アウトランダーPHEVハセプロ・バージョン(プロクセス・コンフォートIIS)、トヨタGR86SデザインSD3(プロクセス・スポーツ2)、トヨタ・ランドクルーザー300GRスポーツ(オープンカントリーM/T-R)、レクサスNX LX-MODE Ver.(オープンカントリーA/T III)が展示され、会場の注目を浴びていました。

(文・写真:諸星 陽一)

この記事の著者

諸星陽一

諸星陽一 近影
1963年東京生まれ。23歳で自動車雑誌の編集部員となるが、その後すぐにフリーランスに転身。29歳より7年間、自費で富士フレッシュマンレース(サバンナRX-7・FC3Sクラス)に参戦。乗って、感じて、撮って、書くことを基本に自分の意見や理想も大事にするが、読者の立場も十分に考慮した評価を行うことをモットーとする。理想のクルマ生活は、2柱リフトのあるガレージに、ロータス時代のスーパー7かサバンナRX-7(FC3S)とPHV、シティコミューター的EVの3台を持つことだが…。