アウディQ5/Q5スポーツバックに、特別感満載の限定車が登場!

■トルクフルで高効率なマイルドハイブリッド&クリーンディーゼル搭載車がベース

2022年12月20日(火)、アウディのミドルサイズSUVのQ5、クロスオーバーSUVのQ5スポーツバックに、限定車「Audi Q5 high style」「Q5 Sportback high style」を設定、2023年1月11日(水)から発売します。

アウディQ5 Q5クロスバック
「Audi Q5 high style」「Audi Q5 Sportback high style」の外観

搭載されるパワートレーンは、2.0L直列4気筒直噴ディーゼルターボ(TDI)に、ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーが組み合わされたマイルドハイブリッドになります。

アウディQ5
「Audi Q5 high style」のエクステリア

また、高効率なAWDクラッチ付quattro四輪駆動システムと、デュアルクラッチの7速Sトロニックが組み合わされ、高い環境性能・経済性を備えています。同時に、204ps/400Nmというハイパワーにより、余裕のある走りも享受できます。

SUVの「Audi Q5 high style」は「Q5 40 TDI quattro advanced」がベース。「plus」「ラグジュアリー」「ブラックAudi rings &ブラックスタイリング」という3つのパッケージを装備。

足まわりには、純正アクセサリーの「5アームファルクスデザイン」の20インチアルミホイール、エクステリアには、カーボンミラーハウジングが特別装備されています。

アウディQ5
Audi Q5 high styleのインテリア

インテリアは、「ファイング レインアッシュ ナチュラルグレーブラウン」の加飾が配置され、「オカピブラウン」のレザーシートも相まって、上質で洗練された仕立てになっています。カーボン、メタル、レザー、ウッドといった質感の異なる素材を使いながらも、買い得感のある価格設定も魅力です。

アウディQ5スポーツバック
Audi Q5 Sportback high styleのリヤビュー

一方の「Audi Q5 Sportback high style」は、「Q5 Sportback 40 TDI quattro S line」がベースです。「S line plusパッケージ」をはじめ、足まわりに、コントラストカラーが際立つ「5セグメント スポークデザインコントラストグレーポリッシュト」の20インチアルミホイール、スポーティな走りと快適性を両立する「ダンピング コントロール サスペンション」が備わります。

アウディQ5スポーツバック
Audi Q5 Sportback high styleのインテリア

インテリアには、ダイヤモンドステッチパターンが配された「ローターグレー」のファインナッパレザーシートを特別装備。モノトーンを基調としながらも、メタリックパーツとグレー色がコントラストになっていて、シャープでモダンな雰囲気を漂わせています。

装備では、両モデルともに、冬場に重宝するステアリングヒーター、デジタルOLED技術が採用され、被視認性とデザイン性を向上させたマトリクスOLEDリヤライトを採用。さらに、停車中に後続車が2m以内に接近すると超音波センサーが探知し、すべてのセグメントを点灯させて、後続車のドライバーに注意を促す機能も備わります。

アウディQ5
Q5の「ブラックAudi rings &ブラックスタイリング」

設定されるボディカラーは、Audi Q5 high style、Q5 Sportback high styleともに「グレイシアホワイトメタリック」「ミストブラックメタリック」「ナバーラブルーメタリック」の3色。さらに、Audi Q5 high styleに「ディストリクトグリーンメタリック」が、Q5 Sportback high styleに「デイトナグレーパールエフェクト」が専用色として用意されます。

販売台数は、各モデル250台で、計500台の限定になります。なお、生産状況により、生産台数が変更される場合があります。

●価格
「Audi Q5 high style」:799万円
「Audi Q5 Sportback high style」:857万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。