ルノー「キャプチャー ブラックスタイル」が発売。内外装にブリリアントブラックの加飾、ルーフカラーを装備

■ガソリンターボ車の「インテンス」がベース

ルノーのコンパクトSUVであるキャプチャーに150台限定車の「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」が設定され、2022年11月4日から販売が開始されました。

ルノー キャプチャー
限定車の「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」が発売

以前お伝えしたように、ルノー キャプチャーには、同社独自のフルハイブリッド仕様である「E-TECH HYBRID」も追加されていて、1333ccのガソリンターボ仕様とフルハイブリッドの「E-TECH HYBRID」から選択できるようになっています。

ルノー キャプチャー
「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」のリヤビュー

今回、発売された「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」は、「インテンス」がベース(ガソリンターボ車)で、ターボの過給による小気味よい走りが楽しめます。

ルノー キャプチャー
内外装にブリリアントブラックの加飾を配置

同限定車には、光沢のある「ブリリアントブラック」のエンブレム、スキッドプレート、サイドプロテクションモールフィニッシャー、アルミホイールなどが用意されています。

インテリアにも「ブリリアントブラック」のダッシュボードパネル、ブラックのヘッドライナーが配置されていて、黒を基調としたクールでスタイリッシュな仕立てになっています。さらに、専用ファブリック×レザー調コンビシートなども備わります。

ルノー キャプチャー
「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」のインパネ

設定されるボディカラーは、「グリ カシオペ・メタリック」「ブルー マリン フュメ」「ルージュ フラム・メタリック」「ブラン ナクレ・メタリック」。

ルーフカラーは、すべて「ブリリアントブラック・メタリック」になります。なお、メタリックカラーは、5万9000円高となります。

ルノー キャプチャー
専用アルミホイールを備える

そのほか、ベース車と同様に車線中央維持支援などを含めた最新世代の先進安全装備、10.2インチのフルデジタルインストルメントディスプレイなどを用意。

150台限定ですので、気になる方は早めのオーダーをしたいところです。

●「ルノー キャプチャー ブラックスタイル」価格:334万円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。