トヨタ「GR」のカスタマイズモデルがSEMAショーに出展。ラリー、ドラッグレース、ワンメークレースなどをイメージ

■「GR YARIS Rally1」にインスパイアされた「GR COROLLA RALLY CONCEPT」

Toyota Motor North America(TMNA)は、2022年11月1日からアメリカのラスベガスで開催中のSEMAショーにおいて、多彩なカスタマイズモデルを出展しています。

GR COROLLA RALLY CONCEPT
「GR COROLLA RALLY CONCEPT」のエクステリア

TOYOTA Motorsport Garage Teamとコラボで制作された「GR COROLLA RALLY CONCEPT」「GR SUPRA ’10-SECOND TWINS’」、Larry Chen氏制作のドリフトコンセプトカー「GR86 DAILY DRIFTER」のほか、TOYOTA GAZOO Racing North America(TGRNA)が2023年から開催するワンメイクレース「GR Cup」参戦用カップカー「GR86 CUP CAR」も発表されています。

TOYOTA GAZOO Racingは、レースやラリーでの挑戦と勝利の積み重ねから得た知見を活かし、「もっといいクルマづくり」を推進しています。こうしたモータースポーツ由来の知見が市販車やコンセプトモデルの開発に反映された「GR」ラインアップを、北米最大規模のカスタマイズ・イベントであるSEMAショーで提案しています。

「GR COROLLA RALLY CONCEPT(2023 TOYOTA GR COROLLA CIRCUIT EDITION )」は、TOYOTA GAZOO Racingの世界ラリー選手権レースカー「GR YARIS Rally1」にインスパイアされたというカスタマイズカー。

GR COROLLA RALLY CONCEPT
「GR COROLLA RALLY CONCEPT」のリヤビュー

2023年型の「GR Corolla Circuit Edition」がベース。Toyota Motorsports Garage Teamとの協業により制作され、アグレッシブで機能的なボディワークでダウンフォースの最大化を実現したそうです。ラリーのための装備に特化されていて、不要な部品を取り外され、軽量化が図られています。

主な装備とメカニズムは、20 gauge steel製の3インチフェンダーフレア、カーボン製のサイドスカート、4.5インチ フロントスプリッタ、専用リヤウイングにより軽量化されています。

さらに、3Dプリントの専用リヤクオーターウインドウを用意。足元は、OZ Racing製17×8インチホイール、215/60R17 Continental VikingContact 7タイヤ、TEIN製Gravel Rally coilovers、14×1.1インチ ベンチレーテッド&スロットディスクブレーキ(4ピストンアルミキャリパー)、Wilwoodサイドブレーキで強化されています。

そのほか、車内にOMP Racing製シート/シートベルト、カスタムロールケージが配置されています。搭載されるパワートレーンは、1.6L直列3気筒インタークーラーターボエンジン(補助オイルクーラー、カスタムマフラーTRDエアボックス付)で、シングルスクロールボールベアリングターボチャージャーを装備。組み合わされるトランスミッションは、6速MT。

●10秒台でドラッグストリップを駆け抜ける

「10-SECOND TWINS(2020 GR SUPRA 3.0)」は、TOYOTAとToyota Motorsports Garage teamが、1万ドルの予算で制作したという双子のカスタマイズモデル。

10-SECOND TWINS
「10-SECOND TWINS」のエクステリア

10秒台でドラッグストリップ(直線コース上で停止状態から発進し、ゴールまでの時間を競うドラッグレースを行う4分の1マイルの直線コース)をクリアするのが狙い。30~40%の馬力向上を目指し、CSF高性能インタークーラー、高性能ラジエター、トランスミッションクーラー、リヤアクスルの改良などによって、発進時に最大の駆動力を発揮するとしています。

足元には、フロントホイールにWeld Racing Belmont Drag(18×5インチ)、リヤホイールにWeld Racing Belmont Beedlock(17×10インチ)が備わります。

フロントタイヤは、26×6.00R18LTのMickey Thompson Sportsman S/R radials。リヤタイヤは、P305/45R17 Mickey Thompson ET Street S/S radials, R2 compound。さらにフロントブレーキは、13.7インチディスクブレーキ・4ピストンキャリパー、リヤブレーキは、13インチディスクブレーキ・シングルピストンフローティングキャリパーとなっています。

10-SECOND TWINS
「10-SECOND TWINS」の外観

車内には、G-Force Racing Gear 6点式シートベルトを用意。パワートレーンは、3.0L直列6気筒エンジンで、Pure Turboターボチャージャー、CSF高性能インタークーラーを搭載。組み合わされる8速AT(パドルシフト)となっています。

●フォトグラファーの自宅工房で制作された「GR86 DAILY DRIFTER」

市販車GR86をベースに、フォトグラファーであるラリー・チェン氏が自宅の工房で制作したという「GR86 DAILY DRIFTER(2022 TOYOTA GR86 )」。

GR86 DAILY DRIFTER
自宅ガレージから生まれたとは思えない完成度の高さ

フォーミュラ・ドリフトの参戦車両のような、1000馬力のレーシングカーを彷彿とさせながらも、クルマ好きの誰もが製作、維持できるような車両を目指したそうです。アメリカのガレージ製作(文化)の本領発揮といえるようなカスタマイズカーになっています。

エクステリアには、Seibon製カーボンフードをはじめ、同じくカーボン製のHKS Type-S ZD8 F-Spoilerフロントスポイラー、HKS Type-S GR86 リヤウイング、HKS製サイドスカート、HKS Type-S ZD8リヤスポイラーを装備。そのほか、GR剛性アップパーツ(TCD製)も盛り込まれています。

GR86 DAILY DRIFTER
「GR86 DAILY DRIFTER」のリヤビュー

インテリアは、Sparco製レーシングシート、6点式シートベルトをはじめ、Studio RSR ロールケージ、GRクイックシフトレバー、GRスポーツサイドバイザー(TCD製)で1000馬力に対応するイメージが構築されています。

足元は、フロントブレーキに、StopTech Racing製Big Brake kitを備え、リヤ補助ブレーキも用意。サスペンションはST製(調整式)で、ホイールは17×8-inch, +30 offsetのMotegi Racing MR154(Battle, white) 。タイヤは、225/45R17サイズのYokohama ADVAN NEOVA AD09です。

パフォーマンス向上策として、2.4L水平対向4気筒エンジンに、HKS GT2 Supercharger Pro ZD8 kit、MagnaFlow製エキゾーストシステム、CSFアルミ製ラジエターが搭載されています。

●ワンメイクレース参戦用「GR86 Cup Car」

ワンメイクレース「GR Cup」参戦用カップカーの「GR86 Cup Car(TOYOTA GAZOO RACING NORTH AMERICA GR CUP SERIES )」は、2023年からTOYOTA GAZOO Racing North Americaにより開始されるSROモータースポーツアメリカ公認のレースです。

GR86 Cup Car
「GR86 Cup Car」の走行シーン

モータースポーツを起点とした「もっといいクルマづくり」を推進するべく、「GR Cup」のレースから得られる知見は、市販車の開発にも活かされます。

エクステリアの主なメニューは、Stratasysカスタムボディ、TGRNA専用設計スプリッタ、カーボン製リヤウイング。足元には、245/620R18のContinental製スリックタイヤ、Alconブレーキが用意されています。さらに、TGRNA専用設計サスペンション(マクファーソンストラット)およびJRI Shocks調整式アブソーバーも装備。

GR86 Cup Car
「GR86 Cup Car」のイメージ

そのほか、OMP安全装置およびロールケージ、22ガロン燃料タンクも備わります。エンジンは、2.4L水平対向4気筒エンジンで、Boschエンジンマネジメントが施され、SADEV6速MTが組み合わされています。さらには、Borla製専用エキゾーストシステムも搭載。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。