日産サニー「サニーターボ・ルプリ」追加。5代目サニーに初のターボモデルで走りをアピール【今日は何の日?9月17日】

■FFに生まれ変わったサニーにターボモデルが追加

1982年(昭和57年)9月17日、日産自動車の人気大衆車「サニー」の5代目に、初のターボモデル「サニーターボ・ルプリ」が追加されました。前年の1981年にモデルチェンジした5代目サニーは、それまでのFR車からFF車に切り替わった最初のモデルです。

1982年に登場したサニーターボ・ルプリ(ハッチバッククーペ)
1982年に登場したサニーターボ・ルプリ(ハッチバッククーペ)

●カローラとともに日本の大衆車市場をけん引したサニー

1966年に日産から初代サニーの「ダットサンサニー」がデビューしました。当時は、日本のモータリゼーション黎明期であり、高速走行もできる本格的なクルマ作りが始まった時期でした。

1966年4月にデビューした初代サニー。大衆車市場ををけん引
1966年4月にデビューした初代サニー。大衆車市場ををけん引

大衆車の先陣を切ったサニーの特徴は、軽量化ボディを生かした優れた動力性能でした。一体成型法で剛性を確保しながら、外板も極力薄肉化を図り、車両重量は軽量625kgを達成。エンジンは、1.0L直4 OHVで56PSを発揮し、最高速度は135kmを超える優れた走りを見せました。

1966年11月 にデビューしたトヨタの初代カローラ。サニーから遅れること半年後に登場した
1966年11月 にデビューしたトヨタの初代カローラ。サニーから遅れること半年後に登場した

発売後、サニーは高い評価を受け、その年の12月には月販台数が1万台の大台を突破し、5ヶ月で3万台を超える販売を記録。また半年後の11月にはライバルの初代トヨタ「カローラ」も登場し、大衆車の市場規模は2年間で倍増しました。

●サニー初のFFで設計を一新した5代目サニー

1981年に登場した5代目サニーは、それまでのFRからFFへ、車名が「ダットサンサニー」から「日産サニー」へと変更されました。FF化への変更は、室内空間が広くとれて軽量化にもつながることから、当時の小型車にとっては時代の潮流でした。

1981年にデビューした5代目サニー。日産初のFF化で広い室内空間と優れた走りを達成
1981年にデビューした5代目サニー。日産初のFF化で広い室内空間と優れた走りを達成

サニーは、FFのメリットを最大限に生かすためにすべての基本設計を一新。エンジンとトランスアクセルをフロント横置きとし、ワイドトレッドとロングホイールベース化することでクラストップの室内空間が実現されました。

スラントノーズと傾斜の強いフロントガラスで構成された4ドアセダン、スタイリッシュなハッチバッククーペ、カリフォルニアと呼ばれた5ドアワゴンの3種がラインナップ。パワートレインは、1.3L&1.5L直4 OHCとその電子制御エンジンに、3速ATおよび4速/5速MTの組み合わせが用意されました。

5代目サニーは、優れた走りと燃費性能をアピールしましたが、内装がシンプル過ぎて高級感に乏しかったためか、ライバルのカローラには販売面では及びませんでした。

●大衆車ながらターボ化で圧巻の走りを実現

5代目サニーのデビュー翌年、サニー初のターボ搭載車サニーターボ・ルプリが追加されました。ルプリに搭載された1.5L直4 OHCターボエンジンは、最高出力115PS/最大トルク17kgmを発揮し、ベースに対して最高出力は44%向上。これにより、1.6L DOHCエンジン搭載のカローラ/スプリンターを凌ぎ、同クラストップの走りを実現しました。

ルプリのフロントグリルには、「TURBO」の逆文字(鏡文字)ロゴを装着。これは、前走車のルームミラーに後続車が映った時に、前走車のドライバーが「TURBO」の文字が正しく見えるようにしたもの。この反転文字は、ターボ車だから前の車にどきなさいという暗黙のアピールであり、それだけターボモデルが速さの象徴であったということです。


1980年代は、高性能化とハイテク化の時代。トヨタはDOHCをフルラインナップ、日産はターボ化のフルラインナップで対抗したのです。当時のトヨタと日産のライバル意識は、今よりはるかに強かったですね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。