ホンダ「アヴァンシア」デビュー。レガシィに打ち勝つべく登場したホンダの上級ステーションワゴン【今日は何の日?9月15日】

■ワンランク上の快適性を追求したステーションワゴン

1999(平成11)年9月15日、ホンダから上級ワゴン「アヴァンシア」が発売されました。アヴァンシアは、セダンのような高級感と広い室内空間をコンセプトに開発。先にデビューしたアコードワゴンより、ワンランク上の層をターゲットにした次世代上級ワゴンです。

1999年にデビューした上級ワゴンのアヴァンシア
1999年にデビューした上級ワゴンのアヴァンシア

●レガシィツーリングワゴンが牽引したステーションワゴンブーム

1990年代半ば、バブル崩壊の反動でセダンが低迷し、様々なレジャーに使えるマルチユースのステーションワゴンブームが起こりました。ブームに火を付け、けん引したのは、1989年にデビューした初代および2代目「レガシィツーリングワゴン」でした。多くのメーカーからステーションワゴンが競い合うように登場し、当時の市場を席巻しました。

1989年にデビューしたレガシィツーリングワゴン。ステーションワゴンの火付け役となった
1989年にデビューしたレガシィツーリングワゴン。ステーションワゴンの火付け役となった

それまでのワゴンは、お洒落で楽しむクルマではなく、商用車バンのイメージが強く、マイナーな存在でした。ところがレガシィツーリングワゴンは、パワフルなエンジンを搭載したスタイリッシュなデザインの楽しむクルマ、ステーションワゴンという新しいジャンルを誕生させたのです。夏はサーフィンやキャンプ、冬はスキーなどウィンタースポーツを楽しむクルマとして多くの若者の心を掴みました。

●ブームに乗れなかった上級志向のステーションワゴン

アヴァンシアは、セダンのような高級感と広い室内空間をコンセプトに開発された次世代上級ワゴンです。

アヴァンシアはワンランク上の快適性を追求。リアシートも十分な広さを確保
アヴァンシアはワンランク上の快適性を追求。リアシートも十分な広さを確保

プラットフォームは、米国生産のシビックを使い、4ドアにテールゲートを備えた高級感を意識させる流麗なフォルムを採用。最大の特長は、ゆとりの車室空間であり、後席は大人がゆったりできるスペースを確保し、さらに前席の中央に空間を持たせることで前後席間のウォークスルーも可能としました。

パワートレインは、2.3L直4 OHC 16Vエンジンと4速AT、3.0L V6 OHC 24Vエンジンと5速ATの組み合わせ。駆動方式は、FFと4WDが用意され、前後ともダブルウィッシュボーンのサスペンションによって、高級セダン並みの乗り心地が実現されました。

アヴァンシアは、クルマとしての完成度は高かったのですが、残念ながら多くのユーザーにその魅力は伝わりませんでした。ステーションワゴンを好んだ若者にとっては、高級感よりもスポーティさや利便性の方が重要だったのかもしれません。

●ステーションワゴンが衰退したのは、ミニバンとSUVの躍進

1990年代に一世を風靡したステーションワゴンですが、2000年を迎えると人気に陰りが見え始めました。

1994年にデビューした初代オデッセイ。ミニバンブームをけん引
1994年にデビューした初代オデッセイ。ミニバンブームをけん引

人気低迷の理由は、SUVとミニバンの台頭です。多人数が乗れて荷物も運べるファミリー志向のミニバンと、アウトドアでマルチに使えるSUVの、目的や使い方が明確な2つのジャンルのクルマが急速に市場を拡大。その結果として、ステーションワゴン市場が縮小したのです。

一方欧州では、SUVも人気ですが、ステーションワゴンが今も根強い人気をキープしています。長距離でも疲れず、高速走行の安定性に優れて荷物も積めるステーションワゴンが、レジャー目的には適しているのです。


アヴァンシアが人気獲得に苦しんだ理由は、ライバルが多い中で上級ワゴンが市場で受け入れなったことに加えて、登場時期がブームの下降気味のタイミングで遅かったことが影響しているのではないでしょうか。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。