ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】 | Workman_Meshpants_2022_07 | 4枚目の写真(全10枚)

「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の1枚目の画像 ふくらはぎの内側には滑り止めのシリコンプリントが施されていますが、位置的にあまり意味がないように思えます
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の2枚目の画像 ワークマンのメッシュパンツ2022年モデル
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の3枚目の画像 ストラップの調整で、膝上にこのようにエアダクトが開くようになっています
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の4枚目の画像 左右のアジャスターで裾の丈を調整できますが、標準的な体形のひとにはまず不要なので、ちょっと邪魔です
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の5枚目の画像 乗車姿勢をとると、エアダクトはそんなに大きく口を開きませんが、多少の風は入ってきました
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の6枚目の画像 下が2021年モデルで、上が2022年モデル。メッシュだった部分が合成皮革になりました
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の7枚目の画像 左の2021年モデルと比べて、右の2022年モデルでは、ニーポケットが2〜3cmほど下に移動しました
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の8枚目の画像 裾部分はバタつき防止のために面ファスナーで調整できるようになっています
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の9枚目の画像 立体縫製になっているほか、伸縮素材を使っている部位もあり、意欲的なつくりです
「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像 標準で入っているニーパッドはこのようなペラペラのものです
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「ワークマンのバイク用メッシュパンツ2022年モデル、新機軸のエアダクトは体形やバイクにマッチすればアリ【自腹レポート】」の10枚目の画像ギャラリーへのリンク