軽ハイトワゴンのN-WGNカスタムがマイナーチェンジで、上質かつスポーティな内外装に変身する

■競争が激化する軽ハイトワゴン争いに手を打つマイナーチェンジ

ホンダは、軽ハイトワゴンのN-WGNを2022年秋にマイナーモデルチェンジする予定で、7月8日(金)にホームページで一部情報を先行公開しました。

現行N-WGNは、2022年6月の軽自動車販売ランキングで10位に入っています。N-WGNは、通勤や通学、買い物などの日常使いで快適に使える高い実用性が魅力。

ホンダN-WGNカスタム
マイナーチェンジを受けるホンダN-WGNカスタム

また、全車に先進安全装備の「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」が標準装備されています。

ライバルのスズキ・ワゴンRはスマイル、ダイハツのムーヴは2代目にスイッチした新型キャンバスというリヤ両側スライドドアを備えた派生モデルを擁しています。ワゴンR(スマイル)は、好調なセールスを維持していて、新型ムーヴ・キャンバスも売れ筋モデルになるはず。

ワゴンR、ムーヴ(シリーズ)に対抗するためにも、タイミング的にジャストといえるマイナーチェンジになりそうです。

ホンダN-WGNカスタム
ダーククロームメッキの加飾がエンブレムなどに採用

N-WGNの美点は、軽ハイトワゴンらしい十分にルーミーなキャビンと、余裕のある荷室高を上下2段に設置できるフレキシブルなラゲッジ。さらに、軽自動車唯一のテレスコピック機構(ステアリングの前後位置を調整できる)が採用されている点。

これにより、軽で最も理想的なドライビングポジションが取れます。

ホンダN-WGNカスタム
マイナーチェンジを受けるホンダN-WGNカスタム

今回のマイナーモデルチェンジでは、N-WGNカスタムがよりスポーティで、存在感を高めたデザインに進化。フロントグリルに、より力強さを抱かせるダーククロームメッキ仕上げのハニカムグリルが採用されています。

ドアハンドルは、深みのある光沢が重厚感を醸し出すダーククロームメッキを配置。リヤのN-WGNとCustomエンブレムとライセンスガーニッシュにもダーククローム加飾が施されていて、重厚感なムードを漂わせています。

ホンダN-WGNカスタム
ブラックの15インチアルミホイールを採用

ルーフのシャークフィンアンテナは、ブラックカラーのアクセントにより個性的なスタイルに貢献。足元には、スポーク全面にブラックがペイントされたことで、足元をより力強く見せる15インチアルミホイールが採用されます。

ボディカラーは、新色の「プレミアムサンライトホワイト・パール」「メテオロイドグレーメタリック」「トワイライトミストブラックパール」など6色が設定されます。

ホンダN-WGNカスタム
マイナーチェンジ後モデルのインテリア

インテリアには、高級感あるフルプライムスムースシート(一部ファブリックになる)が採用されるなど、高品質でスタイリッシュなデザインに仕立てられています。ほかにも、高級感にもこだわったというセレクトレバーには、しっくりと手になじむ本革が採用されたそう。

さらに、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートしたブランド「N STYLE+(エヌスタイルプラス)」の特別仕様車も同時発売され、クルマの楽しさをより高める仕様になります。N-WGNは、カスタムを精悍な仕立てにすることで、軽ハイトワゴンにおける商品力の向上を図ることになります。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。