ルノー ルーテシア E-TECH HYBRIDは、輸入車トップクラスのWLTCモード燃費25.2㎞/Lを誇るフルハイブリッド

■アルカナに続き、Bセグメントの人気モデル「ルーテシア」にもフルハイブリッドを追加

ルノー アルカナに続き、輸入車唯一のフルハイブリッドになる「E-TECH HYBRID」が、Bセグメントのルーテシアにも追加されました。試乗記は別の機会に譲り、ここではルーテシア E-TECH HYBRIDの概要をご紹介します。

ルノー ルーテシア
ルノー ルーテシア E-TECH HYBRIDのエクステリア

ルノー独自のフルハイブリッドを採用するルーテシア E-TECH HYBRIDは、25.2km/L(WLTCモード)という輸入車トップクラスの低燃費が自慢。システムはアルカナのそれと同じで、重量が軽い分、出力が若干高められています。

ルノー ルーテシア
E-TECH HYBRIDのドッグクラッチ

E-TECH HYBRIDは、ルノーがF1で培ったノウハウを活用。同社が独自開発したハイブリッドシステムになっていて、駆動を担うメインモーターであるE-モーターとHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)の2モーターを搭載。

1.6Lの4気筒NAエンジン、トランスミッションには、電子制御ドッグクラッチマルチモードATが採用されています。

なお、エンジンマッピング、ピストン、コネクティングロッド、クランクシャフトなど、いくつかのパーツをE-TECH HYBRIDに合わせるために新たに開発されていて、E-TECH HYBRIDでルノーは、150以上の特許を取得しているそうです。

エンジンの出力とトルクは、67kW(91ps)/144Nm、モーターはE-モーター(駆動用のメインモーター)が36kW(49ps)/205Nm。文字どおり、スターター、ジェネレーター(発電機)であるHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)は、15kW(20ps)/50Nm。

ルノー ルーテシア
「E-TECH HYBRID」のインテリア

また、駆動用バッテリーは1.2kWh(250V)が搭載され、街中ではバッテリーに充電された電気で積極的にモーターのみで走行し、燃費向上に寄与。減速エネルギーを回収した際には、このバッテリーに充電されます。

そのほか、専用装備として約70~180km/hで作動する「レーンキープアシスト(車線逸脱防止支援)」、E-TECHロゴがシフトベース、リヤゲートに配置されるほか、シャークアンテナを用意。

ルノー ルーテシア
シャークフィンアンテナを装備

さらに、パッケージオプション「レザーパック(レザーシート+前席シートヒーター)」も設定されます。

ガソリン高が続く中、コンパクトカーのルーテシアにフルハイブリッドが加わったことで、燃費も走りも妥協したくない層にアピールする魅力的な選択肢になっています。

●価格
「ルノールーテシアE-TECH HYBRID」:329万円
「ルノールーテシアE-TECH HYBRIDレザーパック」:344万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。