チームゴウがル・マン24時間レースで悲願の優勝。荒聖治が日本人2人目の勝者に【今日は何の日?6月13日】

■荒聖治がチームゴウで日本人2人目のル・マン優勝ドライバーに

2004(平成16)年6月13日、第72回ル・マン24時間レースで「アウディスポーツ・ジャパン・チームゴウ」から参戦した「アウディR8」が総合優勝を飾りました。また、ドライバーのひとりである荒聖治は、日本人として2人目のル・マン優勝ドライバーとなりました。

●全日本GT選手権でデビュー。制覇するも1年限りで撤退

ル・マン24時間レースのレース風景(C)Creative Commons
ル・マン24時間レースのレース風景(C)Creative Commons

郷和道によって創設されたチームゴウは、1996年にチーム・ラーク・マクラーレンとしてJGTC(全日本GT選手権)GT500クラスに初参戦します。マシンは「マクラーレンF1 GTR」。トヨタ「スープラ」と日産「スカイラインGT-R」といった日本車が優勝争いを繰り広げると思われていたところに、前年にル・マン24時間レースで優勝を飾った車種で参戦したのです。

性能調整が課せられたものの、マクラーレンF1 GTRは圧倒的な速さをみせ、その年のドライバーズとチームチャンピオンというダブルタイトルを獲得。チームゴウは一躍モータースポーツの表舞台に立ちましたが、この1シーズンだけでJGTCから姿を消すこととなります。

●8度目の挑戦でついにル・マン24時間レースを制覇

アウディ・R8レースカー(C)Creative Commons
アウディ・R8レースカー(C)Creative Commons

JGTCを撤退したチームゴウは、翌1997年からル・マン24時間レースに参戦を開始します。

荒聖治がドライバーとして参戦するのは5度目の挑戦となった2002年からですが、この年は総合7位となり、翌年2003年には総合4位と上位に食い込みます。また同年のスパ1000kmとル・マン1000kmにも参戦して、総合優勝を飾りました。

8度目のチャレンジとなった2004年、アウディ・スポーツ・ジャパン・チームゴウのアウディR8は、スタート16時間でトップに立ち、悲願の総合優勝を飾ります。プライベートチームが優勝したのは日本では初めて。またドライバーのひとりであった荒聖治は、1995年の関谷正徳に続く日本人として2人目のル・マンの優勝ドライバーとなったのです。

荒聖治 (C)Creative Commons
荒聖治 (C)Creative Commons

その後も、チームゴウはスーパーフォーミュラ、JGTC、2020年にはインディーカー・シリーズに参戦するなど活躍を続けています。荒聖治も2004年以降、スーパーGTのGT500クラスで4勝を上げるなど、国内外で活躍しています。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。