累計100万台を達成したホンダの3代目ステップワゴンが登場【今日は何の日?5月27日】

■従来のボックス型からコンセプトを一新

2005(平成17)年5月27日、ホンダの人気ミニバン「ステップワゴン」がモデルチェンジを行い、3代目がデビューしました。1996年にデビューした初代ステップワゴンは、低床化と高いルーフによって、5ナンバーながら余裕の3列シートを実現して大ヒットしました。

●クリエイティブムーバーの第3弾として登場

2005年に登場した3代目ステップワゴン
2005年に登場した3代目ステップワゴン
スタイリッシュに変貌しながらも低床化によって便利さも追求した3代目ステップワゴン
スタイリッシュに変貌しながらも低床化によって便利さも追求した3代目ステップワゴン

ステップワゴンは、1990年代にホンダが提案した「クリエイティブムーバー(生活創造車)」の第3弾として登場。クリエイティブムーバーとは、当時のRVブームに後れを取っていたホンダが提案した新たなクルマ作りのコンセプトです。第1弾が1994年にデビューした上級ミニバンの「オデッセイ」、第2弾は1995年にデビューしたクロスオーバーSUVの「CR-V」で、いずれも大ヒットしました。

●さらに低床化と低車高を追求、乗用車感覚の走りを実現

5ナンバーサイズながら余裕の3列シートを実現した3代目ステップワゴン
5ナンバーサイズながら余裕の3列シートを実現した3代目ステップワゴン

高い人気を獲得したキープコンセプトの2代目を経て、2005年に登場したのが3代目ステップワゴンです。「使って、過ごして、走って楽しい、ファンダフル・ムーバー」をコンセプトに、ミニバンらしいゆとりの空間と乗用車感覚の走りの両立を目指して開発されました。新型プラットフォームを採用し、2代目まで続いたボクシーなスタイルから、低い姿勢のやや丸みを帯びたスタイリッシュなフォルムに変貌。先代よりもさらに低床化し、車高も下げて低重心化したことで、走行安定性が増して乗用車感覚の運転フィールが楽しめるようになりました。パワートレインは、先代と同じ2.0L&2.4L直4DOHCエンジンと4速および5速ATの組み合わせ。駆動方式は、先代同様にFFと4WDが用意されました。

●順調に販売を伸ばすも多くの競合車が参戦

5ナンバーサイズのFFミニバンとして大ヒットした1996年発売の初代ステップワゴン
5ナンバーサイズのFFミニバンとして大ヒットした1996年発売の初代ステップワゴン

3代目ステップワゴン販売中の2008年7月に、ステップワゴンの累計台数が100万台を突破。年間販売台数も10万台を超えて、初代と2代目の人気を順調に引き継ぎました。しかし、その後はトヨタの「ノア/ヴォクシー」や「シエンタ」、日産「セレナ」など他社からも多くの5ナンバーミニバンが登場し、以降は熾烈な競争を強いられるようになります。

現在モデルは2015年に発売された5代目ですが、すでに6代目が発表されてまもなく発売が始まるようです。


SUV人気にやや押され気味のミニバンですが、それでもファミリカーの定番として、また存在感を増す高級車として、今でも高い人気を獲得していますね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン