BMW M4最強の「CSL」発表。0-100km/hを3.6秒で駆け抜けるスパルタンモデル

■ニュルでBMW史上最速となる7分20秒を記録

BMWは、2ドアスポーツカー『4シリーズ』の頂点に君臨するスパルタンモデル、新型「M4 CSL」をワールドプレミアしました。

BMW M4 CSL_003
BMW M4 CSL 新型モデル

M4 CSLは、BMWのパフォーマンス部門である「M」社50周年を祝い発表された、軽量かつ強力なクーペです。

市販型では「M4コンペティション」より改良され、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェサーキットにおいて、BMW史上最速となる7分20秒のレコードを達成しました。

BMW M4 CSL_005
BMW M4 CSL 新型モデル

心臓部には、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は543psを発揮、M4コンペティションより40ps増加しているほか、最大トルクは649Nm、ブースト圧をコンペティションの24.7psiから30.5psiへ引き上げ、Drivelogicを搭載した8速Mステップトロニックトランスミッションを介して動力を後輪へ送ります。

ステアリングホイールの後ろにあるカーボンファイバー製のパドルシフターをタップすると、ギアボックスの手動モードが有効になり、ドライバーは利用可能な最も低いギアへの複数のダウンシフトを実行できます。ギアボックスは、手動モードでクルマが加速しているときにもシフトアップを強制しないといいます。

同社によると、M3 CSLの最高速度は307km/h(電子制御)、加速は0-100km/hを3.6秒で駆け抜け、193km/hにはわずか10.5秒で達するとのことです。

ハイライトは車重の軽量化で、ベースモデルの1,605kg(3.640ポンド)から108.8kg(240ポンド)を削減。

そのプログラムには、後部座席の切断(46 lbs)、軽量遮音(33 lbs)への切り替え、内部および外部の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)コンポーネント(24 lbs)の使用、チタン製リアサイレンサー(24 lbs)の取り付けが含まれます。

またCSLの標準的なMカーボンセラミックブレーキはさらに31.5ポンドを削減し、BMWはフードとトランクにCFRPを広範に使用することで、クーペの重量をそれぞれさらに3ポンドと15ポンド削減しています。

BMW M4 CSL_020
BMW M4 CSL 新型モデル

軽量化への執念はまだ続きます。キドニーグリル、リアライト、フロアマット、自動空調システムなどのさまざまなコンポーネントからさらに8ポンドを削り、センターコンソールにカーボンファイバーを使用すると、約9ポンド削減。

最も重要な削減の1つは、BMWがMカーボンフルバケットシートを取り付けたことによるもので、さらに53ポンド減少しています。

内部には軽量のシートが2つしかありませんが、通常のBMWシートではありません。 BMWは、トラック走行を念頭に置いてMカーボンフルバケットシートを独占的に設計し、それらは腰部サポート、パワー調整可能性、およびシートヒーターを省いています。

Mカーボンフルバケットシートは、赤いアルカンターラインサートを備えた黒いメリノレザーでトリミングされ、固定角度の背もたれが付いており、後部座席がないため、2つのヘルメット収納コンパートメント用のスペースがあります。

ダブルバブルルーフにはCFRPを使用、これによりクルマ全体の車両総量が減少し、クルマの重心が下がっているといいます。M4コンペティションと比較して車高を0.3インチ下げるモデル専用のサスペンションを取り付けており、アンチロールバー、ホイールキャンバー設定、ダンパーなど、CSL専用の多くのサスペンションパーツなどが設計されているのも特徴です。

ストッピングパワーは、6ピストンの固定キャリパー15.7インチのフロントブレーキと、シングルピストンのフローティングキャリパー15.0インチのリアブレーキから供給されます。これらのブレーキは、BMWがミシュランパイロットスポーツカップ2Rタイヤを履く、21インチと22インチのマットブラックのライトアロイMホイールの奥に配置されています。

M4CSLの価格は140,895ドル(約1400万円)から限定1,000台で販売、今年7月に生産開始される予定です。

(APOLLO)