ヤマハのアドベンチャーバイク「テネレ700ABS」に2022年モデル!レーサーイメージの青や赤白ストロボも登場

■ヤマハ伝統の「テネレ」に新型が登場!

ヤマハは、700ccの2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーモデル「テネレ700 ABS」をマイナーチェンジした2022年モデルを発売することを発表しました。

ヤマハのテネレ700ABSに2022年モデル
テネレ700ABSのブルー

エンジンの平成32年排出ガス規制適合化や新グラフィック&カラーを採用した新型モデルを、2022年5月20日に発売します。

●1980年代から続くビッグオフロードマシン

テネレ700 ABSは、1970年代に世界で最も過酷なラリーといわれるパリ・ダカールラリー(現在のダカールラリー)へ参戦していたヤマハのワークスマシン「XT500」を元祖に持ち、1983年に発売された市販車「XT600テネレ」から現在まで続くビッグオフロードマシンです。

ちなみにテネレとは、ラリーの舞台となったサハラ砂漠・中南部の一帯を指す呼称。広大なアフリカの砂漠を走破できる、高いオフロード性能を示すネーミングで、今でもヤマハ伝統のブランド名となっています。

2019年に登場した現行のテネレ700 ABSは、それまでの単気筒エンジンから2気筒エンジンに変更されました。採用されたのは「MT-07」など、ミドルクラスのスポーツモデルでも定評がある688cc・直列2気筒。

最高出力73ps、最大トルク6.9kgf-mを発揮するこのエンジンは、豊かな低中速トルクと伸びやかな高回転をあわせ持つことで、オフロードでのファンライディングとオンロードでの扱いやすさを両立しています。

ヤマハのテネレ700ABSに2022年モデル
テネレ700ABSのホワイト

ほかにも、このモデルでは、フロント21インチ、リヤ18インチの軽量アルミ製ホイール、ポジションの自由度と利便性を追求したフラットシートなどを採用。オン/オフ問わず、長距離ツーリングなどでの高い快適性や走破性を実現しています。

●エンジンは新排ガス規制に対応

その2022年モデルでは、エンジンを平成32年排出ガス規制に適合させながら、出力はほぼそのまま。また、新しく3タイプのグラフィック&カラーを採用しています。

ヤマハのテネレ700ABSに2022年モデル
テネレ700ABSのブルー(サイドビュー)

ブルーは、MotoGPなどに参戦するヤマハワークスマシンでもおなじみの色調で、「Ténéré(テネレ)」のビッグロゴとハーフマットのブラックを組み合わせた仕様。

また、ホワイトには、往年のヤマハ製レーシングマシンに採用されていた赤のスピードブロック(通称ストロボカラー)を入れると共に、ホイールにはゴールドを採用した仕様です。

ヤマハのテネレ700ABSに2022年モデル
テネレ700ABSのブラック

さらに、ブラックは、ソリッドのグレーとブラックのコンビネーションでモダンな雰囲気を演出しています。

価格(税込)は128万7000円です。

(文:平塚 直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!