ヤマハ発動機の子ども乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew」が、利便性と安全性を高めるマイナーチェンジ

■子どもの乗せ降ろしのしやすさ、大型バスケットも用意

ヤマハ発動機 パス クルー
カラーは「マットインディゴ」

2022年1月11日(火)、ヤマハ発動機は、24型の子ども乗せ電動アシスト自転車「PAS Crew(パス クルー)」のリヤチャイルドシートとカラーリングを変更し、2022年2月14日(月)に発売すると発表しました。

同モデルは、幼児2人同乗基準に適合し、こだわりのデザインと男女を問わず使いやすいサイズを備えています。優れた登坂性能を発揮する「PAS」シリーズ最上位のアシスト力を備え、子育て世代にとって頼りになる存在です。

ヤマハ発動機 パス クルー
頭部を包み込むヘッドレスト

登坂時などの高回転ペダリング時でものびやかで快適な乗り心地(アシストフィーリング)を備え、道路や走行状況に合わせて、自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」、子どもの小学校入学後にチャイルドシートを外しても長く使えるオシャレなスタイリングも特徴。

ヤマハ発動機 パス クルー
簡単にシートベルトが着脱可能な「マグネットバックル(ハグシステム)」を採用

今回、発表された2022年モデルは、より使い勝手の良い大型バスケット(約25L)を備え、日常での使いやすさや快適性が高められています。

さらに、子どもの頭部を270度包み込む、安心感のある新型リヤチャイルドシート「ハグシート」を搭載。乗車する子どもの足を大きく広げず済むように、リヤキャリヤの幅も狭くなっています。また、本体形状を広げることで、成長してもより快適に使えるようになっています。子どもの足を包んで覆うフットレストにより、車輪の巻き込みや、すれ違い時の接触から足を守ることもできます。

ヤマハ発動機 パス クルー
リヤチャイルドシートの快適性を向上

加えて、背面に新たに「カバー付き背面ポケット」が用意されています。レイングッズやおもちゃ、靴などの収納に最適で、底面がメッシュになっているため手入れも楽にできます。

ヤマハ発動機 パス クルー
チャイルドシート背面に「カバー付き背面ポケット」を備える

子どもの乗せ降ろしも容易にできるのもポイントです。「ホッピングパッド」や、簡単にシートベルトが着脱可能な「マグネットバックル(ハグシステム)」、子どもが容易にまたがりやすくするため、ハンドル形状の見直しを行った丸型ハンドルが新たに採用され、子どもを抱きかかえての乗せ降ろしもよりスムーズにできるそう。

カラーリングは、上質感のある人気カラーの「マットアンバー2」に加えて、穏やかで洗練された印象の「マットライトグレー」、カジュアルでありながら落ち着いた印象の「マットインディゴ」が新たに設定され、全3色展開となっています。

●「PAS Crew」価格:17万8200円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。