新型メルセデスベンツCクラスは、11.9インチ縦型ディスプレイと12.3インチメーターディスプレイを備えた未来的な内装も見どころ

■先進安全装備もアップデート

メルセデス・ベンツの新型Cクラスのインテリアは、まさに見どころ満載です。

装備面では、対話型インフォテイメントシステムである「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」はもちろん、EクラスやSクラスに採用済みの「AR(拡張現実)」ナビゲーション、生体認証(指紋、声)によってシートポジションの変更などが可能になっています。

メルセデス・ベンツCクラス
新型メルセデス・ベンツCクラスのインパネ

イグニッションオンの後に、まずこの生体認証の操作(ディスプレイ画面にタッチ)。シートポジションだけでなく、ステアリングやサイドミラーの位置、コクピットディスプレイの表示、スマホのペアリング(接続)、ナビゲーションのお気に入り設定まで読み込むことができます。夫婦や親子などでシェアする場合、便利な機能です。

メルセデス・ベンツCクラス
アンビエントライトも備わる

インテリアで目を惹くのは、Sクラスでもお馴染みのタブレットのような11.9インチ縦型ディスプレイ。ドライバーの眼前には、12.3インチのワイドディスプレイ(メーターパネル)が備わり、この2つの大型ディスプレイに多彩な機能を表示し、操作、視認することになります。

もちろん、慣れてくれば目的地設定やエアコンの操作なども自然対話型音声操作の「MBUX」で楽にできます。

メルセデス・ベンツCクラス
新型Cクラスのメーターディスプレイ

こうした音声操作系において「MBUX」は、トップクラスの完成度、使いやすさといえます。なお、ヘッドアップディスプレイはオプション。12.3インチワイドディスプレイには、ナビやオーディオ、電話、情報のほか、Apps、設定(車両設定)、コンフォートなどのメニューが並びます。

メルセデス・ベンツCクラス
新型メルセデス・ベンツCクラスのセンターディスプレイ

車両設定では、先進安全装備のドライバーアシスト機能の設定が可能です。車両や情報では、燃費履歴はもちろん、最高出力/最大トルクの表示、タイヤの切れ角も表示されます。そのほか、高精細な360度カメラ映像の表示も可能。

もちろん、スマホ連携にも対応し「Apple CarPlay」「Android Auto」が使えます。また、2021年10月に更新された「Mercedes me アプリ」による各種サービスにも対応。スマホの操作でウインドウやスライディングルーフの開閉が可能で、夏場などで出発前に換気をしたい際などに重宝しそうです。

メルセデス・ベンツCクラス
11.9インチディスプレイは、ドライバー側に6度傾けられている

さらに、スマホでドアのロック、アンロックも可能。また、手元にあるスマホで車両の走行距離や燃費計、平均燃費などの情報を確認できます。大きな駐車場で便利なのが、駐車位置検索機能で、愛車の位置を地図上でチェックできます。

ほかにも、スマホからナビの遠隔操作もできます。ナビゲーション本体では、天気や駐車場の満空情報の表示、USBオンデマンド地図更新も利用できます。

メルセデス・ベンツCクラス
メーターディスプレイの表示変更画面

先進安全装備も最新バージョンになっています。センシングを担うのは、フロントの長距離レーダー(長/短)、フロントマルチモードレーダー2つ、リヤコーナーレーダー2つ、ステレオカメラ、360度カメラ(4つ)、12の超音波センサー。

従来よりも精度を高めた車線維持機能、右左折時の対向車、飛び出し、巻き込みなどに対応(車両、自転車、歩行者)する衝突被害軽減ブレーキなどが搭載されています。

メルセデス・ベンツCクラス
先進安全装備の設定画面

先進安全装備は、従来と同様の機能でも対応速度域が拡大されるなどの改良も盛り込まれています。

(文:塚田 勝弘/写真:メルセデス・ベンツ、塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。