BMW X3にピュアEVの「BMW iX3 M Sport」を追加。航続可能距離は460kmで価格は862万円

■急速充電で10分充電すれば約80kmの走行が可能

次世代EVを謳う「BMW iX」が発売された2021年11月4日、「BMW X3」にバッテリーEVの「BMW iX3」が追加されました。同日から販売がスタートし、デリバリーは同年11月以降の予定になっています。

iX3のボディサイズは、全長4740mm×全幅1890×全高1670mmで、全長4770×全幅1925×全高1625mmのメルセデス・ベンツEQCに強力なライバルが登場したことになります。

BMW iX3
「BMW iX3」の走行シーン

BMW iX3は、最高出力210kW・最大トルク400Nmを発揮するモーターが後輪を駆動。リチウムイオンバッテリーの容量は232Ahで、一充電あたりの航続距離は460kmとアナウンスされています。

充電は普通充電と急速充電に対応。急速充電は、最大80kWでの充電が可能で、80kWの急速充電を使うと70分以内で約80%までの充電が完了。

BMW iX3
「BMW iX3」のキドニーグリル

10分の急速充電でも約80kmの航続距離を確保できます。ロングドライブであと少し充電が欲しい際も少し充電するだけで対応できるのがうれしいところ。

普通充電は最大9.6kWの充電に対応し、約8時間で0%から100%まで充電することができます。

BMW iX3
「BMW iX3」のインパネ

内外装のデザインにもEVらしい要素が盛り込まれています。

BMWのアイキャッチであるキドニーグリルをはじめ、ロゴまわりやリヤスポイラーの一部、内装にはスタート&ストップボタン、シフトノブまわりなどを青色にすることで、内燃機関仕様のX3との差別化が図られています。

EVのグレードは「BMW iX3 M Sport」のみで、価格は862万円。なお、同EVを含めたBMW X3の価格帯は699万〜862万円で、この「BMW iX3 M Sport」がX3のトップグレードになります。

BMW iX3
「BMW iX3」のシフトまわり

そのほか、音声操作機能を備えた最新のコネクティビティ(話しかけるだけで情報を入手できるAmazon Alexaを含む)、渋滞時の手放し運転が可能な先進安全装備(ドライバーサポート機能)など、最新のBMWが備える最先端機能が満載されています。

塚田 勝弘