レクサスRXに「スポーティ」or「エレガント」から選べる2台の特別仕様車が登場

■黒が際立つ“Black Tourer”、シルバーの加飾が映える“Elegant Tourer”

2021年11月5日、レクサスのプレミアムSUVのRXに、特別仕様車の“Black Tourer”、“Elegant Tourer”が設定され、同日発売されました。

特別仕様車の“Black Tourer”は、RX450h“version L”、RX300“version L”がベース。ブラック基調のカラーコーディネイトによりスポーティな仕立てになっています。

レクサスRX
RX450h 特別仕様車“Black Tourer”。カラーは「ソニッククォーツ」

エクステリアに、ブラック塗装が目を惹くスピンドルグリルをはじめ、フロントロアバンパー、リヤバンパーロアガーニッシュ、アウターミラーもブラック塗装になっています。

また、ブラックスパッタリング塗装が施されたアルミホイール(235/55R20 102Vタイヤ)により引き締まった佇まいを演出。

レクサスRX
特別仕様車“Black Tourer”のスピンドルグリル

ブラックそのもの、あるいは、ブラックを加飾(アクセントカラー)に使うのが最近のトレンドカラーになっている印象で、“Black Tourer”の名にふさわしいディテールが目を惹きます。

インテリアは、オーナメントパネルに、天然杢感を活かしたというウォールナット(オープンフィニッシュ/墨ブラック)をはじめ、シフトノブにブラックレザーが組み合わされています。

また「ブラック&ホワイトアッシュカラー」の専用シートは、ライトグレーのステッチとコーディネイトされていて、シックな装いになっています。

レクサスRX
特別仕様車“Black Tourer”のシート

RX450h 特別仕様車“Black Tourer”は、3.5L V型6気筒エンジンのハイブリッドで、2WDが744万円、AWDが771万円です。2.0Lガソリンターボを積むRX300特別仕様車“Black Tourer”は、2WDが630万円、AWDが657万円です。

レクサスRX
特別仕様車“Elegant Tourer”のエクステリア

もう1台の特別仕様車“Elegant Tourer”は、「RX450h“version L”」「RX300“version L”」がベース。

エクステリアは、シルバーのフロントグリルや、スパッタリング塗装されたホイール(235/55R20 102Vタイヤ)などにより、エレガントな輝きを放っています。さらに、ブラックのフロントロアバンパー、リヤバンパーロアガーニッシュにより引き締まった雰囲気も漂わせています。

レクサスRX
“Elegant Tourer”のコックピット

一方のインテリアはブラウン基調で、シルバーのエクステリアのディテールとの組み合わせにより、大人の落ち着いた印象をもたらします。インパネやシートはノーブルブラウンでコーディネイトされていて、オーナメントに施されたダークグレーのレーザーカット本杢との組み合わせもアクセントになっています。

レクサスRX
特別仕様車“Elegant Tourer”のスピンドルグリル

そのほか、ステアリングやインパネ、シートやコンソール、ニーパッド、シフトブーツなどにライトグレーのステッチを用意。

3.5L V6ハイブリッドのRX450h 特別仕様車“Elegant Tourer”の価格は、2WDが744万円、AWDが771万円。2.0Lガソリンターボを積むRX300 特別仕様車“Elegant Tourer”は、2WDが630万円、AWDが657万円です。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。