ロータス最後の内燃機関「ロータス・エミーラ」の「V6ファーストエディション」が日本でも受注を開始

■充実装備と多彩なボディカラーやインテリアの組み合わせを用意

2021年10月29日、「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」の受注が開始されました。価格は1353万円です。なお、生産開始は来年春以降の予定とアナウンスされています。また、一部報道によるとエミーラは、ロータス最後の内燃機関モデルになるそうです。

エミーラには、新たに軽量の接着アルミニウムシャーシが採用され、「軽さこそ最大の武器」というロータスのDNAが受け継がれています。

ロータス・エミーラ
「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」の受注を開始

ロータス最後の内燃機関となる「エミーラV6ファーストエディション」の心臓部は、エキシージとエヴォーラに供給されているトヨタ製の3.5L V6スーパーチャージャーで、2シーターの後方、ミッドにマウントされています。

オープンマニュアルギアチェンジメカニズム、メッシュグリルのスポーツレシオ6速MT、油圧式パワーアシストステアリングの組み合わせにより、最高出力405psを発生。

ロータス・エミーラV6ファーストエディション
「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」のリヤビュー

外観では、「ロータスデザインパック」に含まれる20インチの超軽量、Vスポークの鍛造「ダイヤモンドカットアロイホイール」が標準装備になるのがトピックス。このダイヤモンドカットは、プレミアムな2トーン仕様で、シルバーとグロスブラックもチョイスできます。

さらに、2ピースハイパフォーマンスブレーキディスクと、ロータスネーム入りブレーキキャリパーも標準装備のブラックのほか、レッド、イエロー、シルバーから選択可能。「TPMS(タイヤプレッシャーモニタリングシステム)」も標準化されています。

エクステリアには、LEDヘッドライトとLEDテールランプなどのLEDライト、チタニウム製のエキゾーストテールパイプフィニッシャー、電動調整可倒式のヒーテッドドアミラー、リヤパーキングセンサーが用意されています。「ローワーブラックパック」も標準化され、エアブレードやフロントスプリッター、サイドシル、リヤディフューザーがグロスブラックで仕立てられています。

ロータス・エミーラV6ファーストエディション
「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」のサイドビュー

ボディカラーは、「セネカブルー」「マグマレッド」「へセルイエロー」「ダークバーダント」「シャドーグレー」「ニンバスグレー」の6色から選択できます。

一方のインテリアは、7種類から選択できるインテリアトリム&シートを標準装備。

レザーは「ブラックナッパレザー/グレーコントラストステッチ」「レッドナッパレザー/レッドステッチ」「アイスグレーナッパレザー/アイスグレーステッチ」「タンナッパレザー/タンステッチ」の4パターンからチョイスできます。アルカンタラは、「ブラックアルカンタラ/グレーコントラストステッチ」「ブラックアルカンタラ/イエローコントラストステッチ」「ブラックアルカンタラ/レッドコントラストステッチ」の3パターンから選択できます。

ロータス・エミーラV6ファーストエディション
ボディカラーは「へセルイエロー」

さらに、サテンクロームインテリアトリムフィニッシュ、アンビエントムードライト(ホワイト)、ロータスネーム入りシルキックプレートが備わり、スポーティなだけでなくプレミアム感のある内装を享受できます。

ロータス・エミーラ
コンフィギュレーターの画面

装備も充実しています。シートには、3段階式のシートヒーターと12ウェイ電動調整機能、2プリセットメモリー機能(運転席&左右ミラー)が備わります。クライメートコントロール(シングルゾーンエアコンディショニング)、クルーズコントロール、キーレススタート、DPMドライブモード(ロータスダイナミックパフォーマンスマネージメント Tour/Sport/Track/ESC Off)も標準装備。

さらに、スマホ連携(BlutoothもしくはUSB)により「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応。英国ブランド「KEF」の10 チャンネルプレミアムサウンドシステム(340W)も用意され、すべての機能が10.25インチのHMIタッチスクリーンと、12.3インチのTFTドライバーディスプレイを介してアクセスできます。

ロータス・エミーラ
コンフィギュレーターの画面

装備ではほかにも「ローワーブラックパック」に加え、さらに3つのオプションパックが標準装備(ロータスドライバーズパック、コンビニエンスパック、ロータスデザインパック)。

●サスペンションとタイヤも3パターンからチョイスできる

タイヤとサスペンションも選べます。「ロータスドライバーズパック」により、サスペンションとタイヤコンビネーションは、「ツアーサスペンション/ Goodyear Eagle F1 SuperSport LTS タイヤ(Road)」「スポーツサスペンション/Goodyear Eagle F1 SuperSport LTS タイヤ(Road)」「スポーツサスペンション/Michelin Pilot Sport Cup 2 LTSタイヤ(Track)」3つからチョイス可能。

ロータス・エミーラ
「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」のイメージ

「ロータスデザインパック」には、プライバシーティントガラス、スポーツアルミペダルパッド、ブラックアルカンタラインテリアヘッドライニング、ブレーキキャリパーカラー選択(ブラック、レッド、イエロー、シルバーより選択)が追加されます。

「コンビニエンスパック」は、フロントパーキングセンサー、リヤリバースカメラ、雨感知ワイパー/エアロブレード、自動調光バックミラー/ドアミラー、ストレージネット(リヤラゲージコンパートメント、助手席フットウェル)が含まれています。

ロータス・エミーラV6ファーストエディション
「ロータス・エミーラV6ファーストエディション」の走行シーン

オプションも用意されています。6速AT(パドルシフト付)、ルーフパネル/カントレイル/ミラーバック/フロントエアブレード/フロントスプリッター/サイドシル/リヤディフューザー/エキゾーストテールパイプフィニッシャー/リヤLOTUSバッジがグロスブラック仕様となる「フルブラックパック」、7種類から選択できるステアリングホイール/TDC マーク&ステッチ、スコーピオンビークルトラッカーシステムが設定されています。

全長4413×全幅1895×全高1226mm(英国仕様値)というボディサイズの「EMIRA V6 FIRST EDITION」。価格は1353万円です。

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。