第6戦オートポリス・GT300、ハイブリッドのTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがポールtoウィン!【SUPER GT 2021】

■FCYにSC、序盤から波乱のスーパーGT・オートポリス戦

10月23日(土)-24日(日)に大分県オートポリスで開催された2021 AUTOBACS SUPER GT第6戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』。昨年はコロナ禍の影響で開催されなかったため、2年ぶりのオートポリス戦となります。10月24日(日)はその決勝が行われました。

スタートラップ
スタートラップ

10月後半とはいえ、決勝レーススタート時の気温は13度、路面温度21度と、かなりの冷え込みを見せたオートポリス。さすが標高800mという高所にあるサーキットだと感じさせます。

13時30分から始まったフォーメーションラップですが、その中でGT300クラス、4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGがマシントラブルの修理のためにスターティンググリッドにつくことができず、ピットスタートとなってしまいます。

フォーメーションラップの後に切られたスタートでは、ポールポジションの31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがホールショット。これに61号車 SUBARU BRZ R&D SPORTと52号車 埼玉トヨペットGB GR Supra GTが続いてトップ3が形成され、4番手以降と大きな差をもってレースが進んでいきます。

31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT

GT500の9周目、第2ヘアピンで22号車 アールキューズ AMG GT3がクラッシュ。コースに破片が飛び散ったためにフルコースイエロー(FCY)となりますが回収に困難を極めたのか、その後セーフティカー(SC)が導入となります。

そのSCがGT500の16周目に解除になるや否や、今度は35号車 arto RC F GT3と48号車 植毛ケーズフロンティア GT-Rがバトルの際に接触し、48号車がコースアウト。またもマシンの破片が散乱してのSC導入となります。

このSCの最中にピットロードがオープンになるタイミングがあり、まだドライバーチェンジのタイミングではないものの、このSC導入中にタイヤ交換をしたうえでドライバーチェンジのピットインの際の作業時間短縮を狙うチームが出てきます。

そのSCもGT500の23周目に解除となると、ピットインの上でドライバー交代が可能となる周回数となります。そこでSC解除と同時にピットインをするチームが多数現れていきます。24周目には埼玉トヨペットGB GR Supra GT、29周目には31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT、31周目にはSUBARU BRZ R&D SPORTがピットイン。このピットのタイミングでまた順位変動というドラマも生まれます。

●強すぎたプリウス! 31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTがポールtoウィン!

ピットインの後、トップは変わらず31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTですが、2番手には96号車 K-tunes RC F GT3が入ります。しかし、この時点でTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTとの差が10秒以上となり、なおかつ後方に控えるSUBARU BRZ R&D SPORTが迫ってくる、という展開。

K-tunes RC F GT3
K-tunes RC F GT3

その後方では、22番手スタートながらピットインを引っ張りまくって順位を上げてきた11号車 GAINER TANAX GT-Rが5番手に浮上。

GAINER TANAX GT-R
GAINER TANAX GT-R

そしてピットスタートから着実に順位を上げてきたグッドスマイル 初音ミク AMGが、なんと6番手となっていました。

グッドスマイル 初音ミク AMG
グッドスマイル 初音ミク AMG

そんな中、31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTは完全に逃げ切って優勝!

31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT
31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT

嵯峨宏紀選手とチームにとっては、2016年第4戦以来、5年ぶりの、中山友貴選手はチーム移籍後初の優勝となりました。

31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTのドライバーと監督
31号車 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTのドライバーと監督

2位にはピットタイミングをうまく使って順位を上げたK-tunes RC F GT3が入ります。

K-tunes RC F GT3
K-tunes RC F GT3

また、100kgというサクセスウェイトを積みながら3位に入り込んだSUBARU BRZ R&D SPORT。

この入賞でSUBARU BRZ R&D SPORTランキングトップとなり、ランキング2位のリアライズ日産自動車大学校 GT-Rに12ポイント差をつけることとなりました。

GT300の表彰式
GT300の表彰式

現在のシリーズランキングはSUBARU BRZ R&D SPORTが50ポイントでトップ、2番手にリアライズ日産自動車大学校 GT-Rの38ポイント、3番手にたかのこの湯 GR Supra GTの36ポイントとなります。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

2番手、3番手のチームがノーポイントとなったことで、ポイント的にはSUBARU BRZ R&D SPORTが有利に見えますが、次戦の第7戦もてぎではSUBARU BRZ R&D SPORTが75kg、リアライズ日産自動車大学校 GT-Rが57kg、たかのこの湯 GR Supra GTが54kgというウェイトとなり、重量の面では不利とも言えます。

そんな次戦、第7戦ツインリンクもてぎはもうすぐ、11月6日(土)〜7日(日)に開催となります。

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩)