第5戦SUGO、GT300のSUBARU BRZ がポールtoウイン!【SUPER GT 2021】

■SUBARU BRZ R&D SPORTがポールポジションからトップをキープ

9月11日(土)~12日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催された2021 AUTOBACS SUPER GT 第5戦 SUGO GT 300km RACE。

9月12日の午後にはその決勝レースが行われました。今回はGT300クラスのレポートをお届けします。

スタートラップの様子
スタートラップの様子
星野一樹選手
星野一樹選手

このSUGO戦の直前に、今シーズン限りでSUPER GTの参戦を引退すると発表した星野一樹選手。ラストとなる2021シーズンの後半戦を全力で戦うという意志も表明しており、どんなレースを見せてくれるのかと注目が集まります。

GAINER TANAX with IMPUL GT-R
GAINER TANAX with IMPUL GT-R

その星野選手がドライブする10号車 GAINER TANAX with IMPUL GT-Rは、11番手からのスタートとなります。

そして13時30分にフォーメーションラップがスタートします。当初2周の予定だったフォーメーションラップですが、2周で隊列が整わないとのことで3周となり、その後にスタートが切られます。

スタートラップ、中段グループの様子
スタートラップ、中段グループの様子

このスタートから快調にスピードを上げていったのがポールポジションの61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT。2番手の18号車 UPGARAGE NSX GT3も食らいついていこうとしますが、徐々にその差は広がっていきます。

徐々に差を広げるSUBARU BRZ R&D SPORT
徐々に差を広げるSUBARU BRZ R&D SPORT

このSUBARU BRZ R&D SPORTの後ろで一気に追い上げを見せていたのが、予選5番手だった55号車 ARTA NSX GT3。

UPGARAGE NSX GT3
UPGARAGE NSX GT3

3周目に60号車  SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTを抜き去ると、その前を行く2番手のUPGARAGE NSX GT3に迫り、それも20周目には抜き去っていきます。

GT500クラスの28周目を過ぎたあたりで、ピットインを始めるチームが出てきます。まず4号車 グッドスマイル 初音ミク AMGがピットインし、タイヤ左側2輪のみ交換でピットアウトします。トップのSUBARU BRZ R&D SPORTは37周目にピットイン。

リアライズ日産自動車大学校 GT-R
ピットでのリアライズ日産自動車大学校 GT-R

後半までピットインを引っ張るチームもありましたが、それらを除くと実質的なトップはSUBARU BRZ R&D SPORTのまま後半へと進んでいきます。

●レース後半にSUGOの魔物出現。しかしBRZは強かった!

魔物が棲むといわれるSUGOですが、後半に至るまでは何事もないかも?と思わせるほど、アクシデントらしいアクシデントが起こらないまま推移していたこのレース。

終盤のアクシデントによりセイフティーカー導入
終盤のアクシデントによりセーフティカー導入

ところがGT500クラスのトップが47周目に入ったところで、最終コーナーの立ち上がりでGT500クラスの19号車に車両火災が発生、コース脇にマシンを止めてしまいます。これによりセーフティカー(SC)が導入。

消火活動などによりGT500クラスの53周目でやっとSCが解除されると、マージンの無くなったSUBARU BRZ R&D SPORTとARTA NSX GT3の2台は激しいバトルを展開します。

接触上等!の激しいバトルが繰り広げられますが、SUBARU BRZ R&D SPORTがトップを死守。その後、徐々にSUBARU BRZ R&D SPORTがその差を開けていきます。

SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT
SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT

レース終盤、魔物はGT300上位陣、それも3番手ばかりに襲いかかります。3番手を走っていたグッドスマイル 初音ミク AMGが左フロントタイヤのパンクチャーで戦線離脱。これで3番手にはSYNTIUM LMcorsa GR Supra GTが浮上。

しかし、周回遅れ同士の接触アクシデントに巻き込まれ6番手にダウン。そこで3番手に浮上したのは、予選10位からここまでポジションを上げてきた56号車 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R!

リアライズ日産自動車大学校 GT-R
リアライズ日産自動車大学校 GT-R

トップを行くSUBARU BRZ R&D SPORTは2番手のARTA NSX GT3との差をさらに広げて約11秒差でチェッカーフラッグをくぐり抜けました。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

今シーズン3回目のポールポジションでついに表彰台の頂上に登ることに成功しました。 SUBARU BRZ R&D SPORTとしては2018年9月の第6戦SUGO以来の優勝です。

SUBARU BRZ R&D SPORT
優勝を喜び合うSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバー

さらに、井口卓人選手と山内英輝選手は、ドライバーランキングでもトップに上がることになりました。

ARTA NSX GT3
ARTA NSX GT3

ARTA NSX GT3が背後のリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rの猛追にもポジションを守り切って2位。

リアライズ日産自動車大学校 GT-R
リアライズ日産自動車大学校 GT-R

リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは、サクセスウェイト81kgながら3位表彰台! ドライバーランキングを2位に戻しました。

GT300の表彰式
GT300の表彰式

ドライバーランキングは1位SUBARU BRZ R&D SPORT、2位リアライズ 日産自動車大学校 GT-R、3位は244号車 たかのこの湯 GR Supra GTとなり、この3チームは全てサクセスウェイトが100kgを超えます。

次戦のオートポリスでは、この上位3台がサクセスウェイトの軽いチームを相手にいかに戦うかが見どころと言えます。そしてSUPER GT開催サーキットの中では最も標高が高いサーキットでもあるオートポリス。各チームともセッティングに苦慮するところとなることは間違いありません。

そんな次戦のオートポリス戦は10月23(土)~24日(日)に開催されます。

(写真:吉見 幸夫/文:松永 和浩