トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】 | TOYOTA bZ4X_ex | 2枚目の写真(全4枚)

「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の1枚目の画像 TOYOTA bZ4Xのプロトタイプでは異形ステアリングの未来的なコクピットとなっている。
「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の2枚目の画像 2022年央に発売予定のTOYOTA bZ4Xでは10年後のバッテリー容量維持率90%という世界トップレベルの耐久性能を目標にしている。
「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の3枚目の画像 スバル初のグローバルEVモデルである「ソルテラ」はbZ4Xの兄弟モデル。同様のバッテリー性能が期待できる。
「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の4枚目の画像 リチウムイオン電池の進化に並行して、全固体電池など新型バッテリーの開発も進めている。
  • 「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク
  • 「トヨタ2022年発売の電気自動車「bZ4X」は10年後でも電池容量90%確保!EVのリセールバリューは悪くなくなる【週刊クルマのミライ】」の4枚目の画像ギャラリーへのリンク