レクサスRC Fのハイパフォーマンス仕様“Performance package”に新ボディカラーを設定

■専用内装色のブラック&アクセントブルーを新規設定

レクサスは、スポーツクーペのRC Fをマイナーチェンジし、2021年10月に発売すると明らかにしました。

レクサスきってのスポーツモデルであるRC Fの魅力は、5.0L V8 NAの高性能エンジン。小型のトルクコンバーターを備える8速SPDS(Sport Direct Shift)との組み合わせで、突き抜けるようなスムーズな加速を堪能できます。加速時、減速時のレスポンスにも優れるなど、本格スポーツカーと遜色のない動力性能を味わえます。

レクサス RC F
一部改良を受けたレクサスRC F

今回の一部改良ではRC F“Performance package”に、専用内装色の「ブラック&アクセントブルー」が新たに設定されています。

同グレードは、ハイパフォーマンスに応えるサスペンションやブレーキ、空力パーツ、カーボンフロントスポイラーやカーボンのエンジンフードとルーフなどの専用装備が数多く採用され、レーシングスピリットを受け継ぐFモデルとして、レクサスのスポーツイメージを牽引。日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術が応用されています。

レクサス RC F
RC F“Performance package”に、専用内装色のブラック&アクセントブルーが新たに設定された

一部改良では、ほかにも「F」を象徴するブルーがフロントシート、シートベルト、ステアリングホイール、メーターフードなどにアクセントカラーとして配置されています。

また、フロントシートに使われている滑り止め効果のあるアルカンターラがステアリングホイールとシフトノブにも新たに採用され、グリップ感と質感の向上に寄与しています。

ほかにも、足元にマットブラック塗装が施された10本スポークの19インチ鍛造アルミホイールが新設定(RC F“Carbon Exterior package”に標準設定、RC F(標準グレード)にメーカーオプション設定)。また、全車のスカッフプレートに「RC F」限定の新デザインを採用されています。

価格は「RC F」が1052万円、「RC F “Carbon Exterior package”」が1132万円、「RC F“Performance package”」が1449万円です。

塚田 勝弘