マイナーチェンジを受けたレクサスESのスピンドルグリルは、縦基調のL字ユニットからなる精緻なデザインに

■“F SPORT”の新インテリアカラーのホワイトは、セクシーなムードが漂う

レクサスESのエクステリアは、精緻な印象を受けるスピンドルグリルをはじめとした、エレガントな佇まいが魅力です。

2021年8月26日に受けたマイナーチェンジは、持ち味の乗り心地や静粛性の向上、ハンドリングやブレーキングのブラッシュアップ、先進安全装備のアップデートなどが図られています。

レクサスES
「ES300h “version L”」のエクステリア。写真は「ソニックイリジウム」

今回のマイナーチェンジでは、よりモダンなムードが強調されています。ESらしさを継承しながら、フロントグリルのメッシュパターンが新しいデザインになり、縦基調の「L字」ユニットの集合体で構成されています。

レクサスES
新型ESのスピンドルグリル。写真は「ES300h “version L”」

これにより、フロントグリルの押出し感が強まり、存在感と質感が高まったのが特徴です。さらに、ヘッドランプの意匠も変更され、単眼ランプに新小型ユニットが採用されています。

スピンドルグリルと共に印象的な3眼ランプは、ブレードスキャンの「アダプティブハイビームシステム(AHS)」に進化。機能性の向上はもちろん、新薄型ランプユニットの採用で、より鋭い表情を生んでいます。

レクサスES
「ES300h “F SPORT”」のフロントグリル

標準グレードの「ES300h」に装備される17インチアルミホイールはスポークの端が太くなり、切削光輝加工の質感が強調され、さらにV字に重ね合わせることでスポーティ感を際立たせています。

レクサスES
18インチアルミホイールには、切削光輝+ダークグレーメタリック塗装が施されている

オプションの18インチホイールは、切削光輝加工とダークグレーメタリック塗装のコントラストが印象的な多軸スポークになり、品質の高さを感じさせる意匠になっています。

スポーティグレードの“F SPORT”は、よりスポーティなエクステリアが目を惹きます。専用19インチアルミホイールは、フロントグリルの黒とマッチする艶のあるブラックホイールになり、足元から引き締まった印象を付与。加えて、日本限定仕様のLEXUSロゴ入りのオレンジ塗装ブレーキキャリパーも設定。

レクサスES
「ES300h “version L”」のインテリア。カラーはモーブ

一方のインテリアは、操作性や質感の向上が図られました。マルチメディアシステムがタッチディスプレイ化され、操作しやすくなったのが朗報です。

さらに、ドライバーとディスプレイとの距離が最適化され、ディスプレイを約100mm近づけ、角度を約5度傾けることで、ドライバーの手が画面隅まで届くように変更されたそう。ディスプレイには、ガラス素材が採用され、視認性、操作性ともに向上しました。

レクサスES
「ES300h “F SPORT”」のインパネ。インテリアカラーは“F SPORT”専用のホワイト

オーナメント加飾に、ラグジュアリーさを演出するウォールナット素材を用意。新開発の墨ブラックとダークブラウンが採用され、スタイリッシュなムードを漂わせています。ヘアラインの加飾にはレーザーで1本ずつ彫る加工方法が用いられ、より細やかでモダンな空間を演出。

レクサスES
“F SPORT”専用のフレアレッド内装

インテリアカラーには、「ヘーゼル」が新たに採用されるとともに、ブラウン系でグレイッシュな「モーヴ」が新たに用意されています。

スポーティグレードの“F SPORT”は、インテリアカラーにホワイトが新規に採用されるとともに、ホワイト、「フレアレッド」のシートクッションに黒色が加えられ、シートバックとともに新たな配色パターンを採用。新型ESの中でもひと際スポーティなキャビンに仕立てられています。

レクサスES
タッチ式ディスプレイに変更された

ボディカラーには、強い陰影により造形美を強調させる「ソニックイリジウム」、金属質感と高光沢が表現されたという「ソニッククロム」が新たに設定されています。

新型レクサスESの価格は「ES300h」が599万円、「ES300h “F SPORT”」が651万円、「ES300h “version L”」が715万円です。

塚田 勝弘