鈴鹿戦GT300のSUBARU BRZ 、今季2度目のポールポジション!【SUPER GT 2021】

■ランキング上位陣のほとんどがQ1敗退

8月21日・22日に鈴鹿サーキットで開催の「2021 AUTOBACS SUPER GT Round3 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE」。本来は5月開催であった鈴鹿戦ですが、コロナ禍の影響で延期とされ今回の日程に変更となっての開催です。8月21日はその予選が行われました。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

A組のトップタイムは、公式練習から速さを見せていた61号車 SUBARU BRZ R&D SPORT。そしてB組のトップは244号車 たかのこの湯 GR Supra GT。

たかのこの湯 GR Supra GT
たかのこの湯 GR Supra GT

ともに40kg以上のサクセスウェイトを積んではいますが、快調にタイムを出していきます。それに対してシリーズランキングの上位陣は60kg以上のサクセスウェイトを積むためか、タイムが伸び悩みます。

リアライズ日産自動車大学校 GT-R
リアライズ日産自動車大学校 GT-R

11号車 GAINER TANAX GT-Rが75kg、リアライズ日産自動車大学校 GT-Rが72kgなど、サクセスウェイトが重くのしかかってきます。

muta Racing Lotus MC
muta Racing Lotus MC

しかし、63kgを積む2号車 muta Racing Lotus MCは60kg以上のサクセスウェイトを積むチームの中で唯一Q2進出を果たし最終的な予選順位を7位としています。

■SUBARU BRZ R&D SPORT完全ポール!意地を見せたマッハ車検が2位!

A組トップのSUBARU BRZ R&D SPORTとB組トップのたかのこの湯 GR Supra GTのポールポジション争いが予想された予選Q2は15時20分過ぎから開始されます。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

予想通りタイムアタック合戦の様相となったQ2ですが、SUBARU BRZ R&D SPORTの1分57秒322がトップタイムとなり、たかのこの湯 GR Supra GTはこれを抜くことが出来ず2位のまま予選を終えるかと思われました。

マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号
マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号

しかしQ2終了間際にQ1をギリギリで通過してきたはずの5号車 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号が1分57秒821とQ1より2秒も縮めるタイムを叩き出して2位に滑り込みます。

たかのこの湯 GR Supra GT
たかのこの湯 GR Supra GT

それによってたかのこの湯 GR Supra GTは3位となり、明日の決勝を迎えることとなりました。

ポールポジションを喜ぶSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバー
ポールポジションを喜ぶSUBARU BRZ R&D SPORTのドライバー

SUBARU BRZ R&D SPORTは今季2度目のポールポジションを獲得。

SUBARU BRZ R&D SPORTのドライバーとレースクイーン
SUBARU BRZ R&D SPORTのドライバーとレースクイーン

8月22日に行われる決勝レースは天候の不安が気になるところで、波乱に満ちた展開が予想されます。

52周のサバイバルレースとなるのか否か。スタートは14時30分の予定です。

(写真:吉見幸夫、松永和浩 文:松永和浩