世界初のウェブサイト公開/広島に原爆投下/トヨタカローラにハイブリッド登場!【今日は何の日?8月6日】

■広島に原爆投下

広島原爆ドーム
広島原爆ドーム

1945(昭和20)年8月6日の午前8時15分、米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」が、広島にウラン型の原子爆弾「リトルボーイ」を投下。世界で初めて核兵器を実戦で使用したもので、その年の末までに約14万人の広島市民が亡くなりました。この3日後の8月9日には長崎に原爆が投下、これを受けて日本は8月14日にポツダム宣言を受諾して降伏しました。

Webサイト(イメージ)
Webサイト(イメージ)

また1991(平成3)年のこの日、計算機科学者ティム・バーナーズ・リーが、世界で最初のWebサイトを公開。開設した世界初のWebサイトは、リンクの機能を持った文書を相互に関連付ける仕組み(ハイパーテキスト)を持っているのが特長でした。また、Webサイトの公開と同時に「WWWクライアント」というソフトも発表しました。これは、Webサイトを見るための「Webプラウザ」で、現在の「Internet Explorer」や「Google Chrome」に相当します。Webサイトは、この30年に進化しながらあっという間に世界中に広まり、今や日常生活に必要不可欠なコミュニケーションツールとなっていますね。

さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう?

●トヨタ・カローラに初めてハイブリッドモデルが設定

2013(平成25)年のこの日、トヨタのカローラシリーズ「カローラアクシオ」と「カローラ・フィールダー」にハイブリッドモデルを追加しました。

2013発売のカローラフィールダHV
2013発売のカローラフィールダHV
2013年発売のカローラアクシオHV
2013年発売のカローラアクシオHV

カローラと言えば、日本のモータリゼーションを牽引してクルマを大衆化した歴史あるモデルです。1966年にデビューした初代カローラは、当時のユーザーのマイカーに対する憧れや上級志向に応えた手頃な大衆車として大ヒット。発売から3年半で100万台を超える、当時のミリオンセラー最短記録を達成。また2020年時点での販売台数は4750万台を超え、今も累計販売台数で世界1位を続けています。

HVシステム構成(Skelton)
HVシステム構成(Skelton)

その後も多少の浮き沈みはあるもののロングセラーを続け、2012年5月に11代目が登場しました。特長は、燃費低減のためコンパクト化が図られたことと、2013年にハイブリッドモデルが設定されたことです。ハイブリッドシステムは、高効率の1.5Lアトキンソンサイクルエンジンに、リダクション付きハイブリッド「THS II」を組み合わせた、アクアと同じシステムです。その他にも、各種のフリクション低減やクールドEGRや電動ウォーターポンプの採用などにより、プリウスを上回るクラストップレベルの33.0km/L(JC08モード)を実現しました。

2013年発売のカローラアクシオHV(Interior)
2013年発売のカローラアクシオHV(Interior)

11代目カローラもセダン不況下で好調な販売を続け、追加されたハイブリッドモデルも受注1ヶ月で6000台を超えました。カローラの強みのひとつは、歴史的にみてバリエーションと派生車が豊富なことではないでしょうか。セダンをベースにステーションワゴンやハッチバック、5ナンバーと3ナンバー車、多種なエンジン車とHV車など、選択肢が多いということはユーザーにとっては有難いですね。

毎日が何かの記念日。それではまた明日!

Mr.ソラン