ルノー トゥインゴ/トゥインゴ キャンバストップに、トリコロールのストライプが映える140台限定車が登場

■インテリアは、「ブランインテリアレザー調×ファブリックコンビシート」の組み合わせ

2021年5月13日、一部改良を受けたルノー トゥインゴ/トゥインゴ キャンバストップに、特別仕様車「リミテ」が140台限定(両グレード合計で、トゥインゴ、キャンバストップの割り振りはアナウンスされていません)で設定されました。

ルノートゥインゴ
ルノー トゥインゴの特別仕様車「リミテ」

なお、「リミテ」は、以前にもMTの「トゥインゴS」に用意されたことがあるほか、トリコロールのストライプが付く「トゥインゴ・シエル」も2020年に限定車として用意されています。

5月13日に発売された「ルノー トゥインゴ インテンス リミテ」「インテンス キャンバストップ リミテ」は、「ブランクオーツメタリック」のボディサイドに、トリコロールが印象的な専用サイドストライプが配されていて、上品でエレガントな雰囲気のボディカラーをより華やかに演出しています。

ルノートゥインゴ
リヤピラー下にトリコロールのカラーが配置されている

「パリ生まれのスモールカー」を標榜するトゥインゴらしい外観が目を惹きます。

インテリアは、「ブランインテリアレザー調×ファブリックコンビシート」の組み合わせ。また、ベースグレードは、「インテンス」「インテンスキャンバストップ」で、2ペダルのEDC(デュアルクラッチトランスミッション)仕様になります。

価格は「ルノー トゥインゴ インテンス リミテ」が224万円、「ルノー トゥインゴ インテンス キャンバストップ リミテ」が236万円です。トゥインゴは、都市部などでよく見かけるオシャレなAセグメントモデルとして根強い人気を得ています。

隣に並んだトゥインゴと違う個性を重視するなら見逃せない限定車になっています。

ルノートゥインゴ
ルノー トゥインゴ「リミテ」のインテリア

塚田勝弘

『ルノー』の最新記事
感性を刺激する5ドアハッチ、仏ルノー「ルーテシア」の車両価格は236.9万円から!
ルノートゥインゴ
ルノー・トゥインゴが装備を充実化。4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーを用意
ルーテシアフロントスタイル
ルノー・ルーテシアは素晴らしい動力性能とハンドリングを持つ。初採用のACCもマッチング良好【試乗】
ルノー
ルノーが新型「アルカナ」をはじめとしたハイブリッド、EVなどの電動化戦略、新しいブランド・ロゴを披露
メガーヌ ルノー・スポール
速さと快適さを兼ね備えた300ps/420Nmのメガーヌ ルノー・スポール(R.S.)の走り

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事